株式会社ビジネスコンストラクション Business Constraction

京都市で公認会計士による対人相談なら株式会社ビジネスコンストラクション

コーチング

あなたの質問の仕方、間違ってないですか?

投稿日:

こんなやりとりをよく見にします。

上司:「こないだ頼んで仕事、どうなってる?」

部下:「すいません、まだできてないです。」

上司:「えっ、何でまだやってないん?いつやるん?間に合うん?」

部下:「間に合うようにがんばります」

上司:「がんばるとかそんな問題じゃなくて、ちゃんとやっとけよ」

部下:「。。。わかりました。。。」

みたいな会話です。

もはや、質問というよりも、吊るし上げに近いですよね。

この会話での上司の目的は何なのでしょうか?

部下をいじめたいのですか?

イライラを発散させたいのですか?

違いますよね。部下にちゃんと指導して、きっちりと仕事をしてほしいだけですよね。

で、この会話がその目的にぴったりかといえば、どうでしょうか。

なんとなく、その後のお互いの関係性は、ギクシャクしそうじゃないでしょうか。

実は、質問の仕方を変えるだけで、いい関係が築けるんです。

相手の立場に立って、質問してみてください。

これ、意外にできてる人少ないと思います。

あなたが、こんな上司に思われていると思えるなら、ちょっと会話のやり方を変えてみてはいかがでしょうか。

-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人間関係を構築したいなら、絶対にやってはいけないこと

組織で働く以上は、周りとの人間関係はうまくやりたいですよね。 あなたに部下がいれば、部下とも仲良く仕事ができるのがベストです。 部下があなたのことを信頼してくれていて、いろんなことをきっちりと報告もし …

その議論の方向性、合ってますか?

社内の議論の中で、よく、目の前のことに焦点が当たりすぎていて、本来の目的を見失っていることってありませんか? 例えば、こんなケース 社員A:「この提案書、もっとボリュームを増やして、価値があるように見 …

部下との信頼関係を構築する3つのポイント

コーチングは、コーチとクライアントとの信頼関係の上に成り立っているというベースがあります。 この信頼関係がないと、正直、コーチングはうまくいきません。 いくら、コーチングのスキルを知っているとか、身に …

部下への指導のポイント

仕事柄、お客さんの作成された資料をチェックし、コメントすることが多いです。 そのコメントの仕方って、難しいんですよ。 例えば、記載している内容がいまいちだったとします。 そのコメントとして、 「ここに …

部下への指導を上手くやる3つのポイント

社内でこんな光景をよく見かけます。 上司が部下を一方的に叱りつけて、部下が何かその理由を説明しようとすると、 「言い訳はもういい」と切り捨てたりしています。 で、部下は不貞腐れてしまい、その後、同僚に …