人間関係と集客の課題を一気に解決したいビジネスパーソンのためのブログ

公認会計士として、100社以上の企業を担当してきた経験と知識を活かして、マーケティングと組織の人間関係の課題を解決します。

マーケティング

お客様に商品やサービスを購入してもらう決定的な方法

投稿日:

先日、百貨店で得意先を訪問するにあたっての手土産を買いにいきました。

正直、これといって決めているものはなくて、いろいろ見て回って、良さそうなものを選ぼうとしていました。

で、購入したのが、とあるブランドの洋菓子なのですが、

なぜそれを購入したと思いますか?

そこには、こんな心理的なトリックがあるんです。

お客様に商品やサービスを購入してもらう決定的な方法とは


実は、これなんです。

試食をしたから。

そうなんです、何となく商品を見ていて、試食をすすめられて、ついついいただいた時、

こんなことを感じました。

そこそこ美味しいし、試食しておいて断るのも何だか悪いし、おばちゃんも人良さそうな人だから、これにしておこう

セールスで大切なことがここに隠されています。

気がつきましたか?

何かをしてもらったら、お返しをしないといけないと感じる

このケースでは、試食をいただいたので、お返しをしないといけないという気持ちが働いたということです。

これは試食のケースですが、あなたもこんな経験ありませんか?

友達からお土産をもらったので、自分が旅行に行ったときに、お土産を渡したとか、

同僚に晩飯を奢ってもらったので、次回は自分が奢ってあげたとか、

友人の家に招待されたので、今度は自分の家に招待したとかね。

これらも一緒の話で、何かしてもらったら、お返しをしなくてはという心理が働く訳なんです。

これを、返報性の原理と呼びます。

でですね、これをビジネスに活かしていけばいいんです。

つまり、まずはあなたが、何かを周りの人にやってあげるんです。

例えば、知人に、お客さんになりそうな人を紹介してあげるなど。

そしたら、今度はあなたがお返しを受ける可能性がすごく高くなります。

この例でいけば、今度はあなたがお客さんを紹介してもらえるみたいなね。

なので、やることは簡単です。

あなたが、誰かに何かをしてあげる

ギブ & テイクのギブをやるだけです。

すると、あなたのビジネスにいい話がきっと舞い込んでくることでしょう。


ただし、必ずしもそうではないケースもあることだけは、予めご理解くださいね。

もらうだけもらっておいて、返さない人も世の中にはたくさんいます。

でも、そんな人のビジネスはうまくいかないので、お付き合いしない方がいいですね。

-マーケティング
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

長く使えるおもちゃのような商品とは?

子供がプラレールとLEGOにはまってます。 子供のおもちゃって、一過性のものもあれば、代々、親子で引き継がれていくものがあります。 現に、プラレールやLEGOは、私が子供のときに遊んでいたものを、 子 …

どれだけの人が自分1人で意思決定できてるでしょうか?

あなたは、自分自信でどれだけ意思決定できますか? つまり、自分だけの意思で、「これはいい」と思ったものに、投資したり、購入したりすること。 逆に言えば、周りの意見を聞いたり、レビューを見たりして決めな …

自分の商品ではなく、知人の商品をオススメする理由とは

人は何かをしてもらうと、基本的にそのお返しをしたくなります。 したくなるというか、しないと気持ち悪いんですよね。 これは、返報性の原理といったりします。 突き詰めて考えると、借りができている状態ではい …

既存顧客のフォローに注力すべき理由

マーケティングと聞くと、何を連想しますか? 私は、すかさず″集客″を連想してます。 その集客のために、まずは、自社の商品やサービスを魅力的なものにすべきだし、 店舗系ビジネスをされている方にとっては、 …

マーケティングを継続してできてますか?

先日、とある本を読みました。 そこには、目標達成を確実に行うために実践し、成功された方法が赤裸々に記載されていました。 ノウハウ本に近い感じです。 「ここまで企業秘密を明かしてもいいの?」って思えるく …