株式会社ビジネスコンストラクション Business Constraction

京都市で公認会計士による対人相談なら株式会社ビジネスコンストラクション

マーケティング

メルマガの書き方のポイント

投稿日:

あなたは、何かしらのメルマガに登録して、購読してますか?

世の中にはたくさんのメルマガがあって、情報が溢れかえってますよねー。

そんなメルマガを配信する立場に、あなたがいるとしたら、

メルマガの書き方に困っていたりしませんか?

ネタに困っているということならば、「頑張ってネタを探してください!」ってアドバイスするのですが、

そもそも書き方に困っているのであれば、そのコツを知りたいところですよね。

メルマガの書き方のポイントとは

まずは、最初にやって欲しいことがあります。
それは、

何のためにメルマガを配信するのかを考えるということです。

メルマガを配信する目的は何でしょうか?

それは、、、

「読者との信頼関係を構築する」じゃないですか。


趣味でやっているというのであれば、 別ですが、ビジネスとしてやっているのであれば、

メルマガは信頼関係を構築するためのツールなんですよね。

「そんなこと、意識してなかったわ」ってあなたは、今すぐ、その意識を持ってください!!

で、そもそも、人と信頼関係を構築するには、

  • 何度も会って構築する
  • 電話などでの会話を通して構築する

などありますが、

メルマガでも、十分に信頼関係を構築できるんです。

なぜかというと、定期的にいい情報を配信することで、

読者は「フムフム」とその情報を読んで自分の知識にしようとするんですね。

そして、あなたが有用な情報を提供し続けている限り、

あなたはその読者からは、専門分野の先生として見られることになります。

こうして、信頼関係を構築していくんです。

「この先生のメルマガの情報、すごく自分のためになるんです!!」って思わせると、完璧です。

じゃあ、メルマガが信頼関係を構築するためには、有用な情報を書けばいいだせなの?ってことになりますが、

ここに1つのポイントがあります。

それは、

「日常の出来事もメルマガに含める」

です。


えっ、そうなの?何で?それ必要?

って思われたかもしれませんが、

「必要です」

なぜなら、読者との距離感を縮めることができればできるほど、親近感を持ってもらえて、信頼関係が構築しやすくなるからです。

例えば、淡々といい情報だけメルマガに記載されていると、それはそれでいいんですが、距離感ちょっと遠いですよね。

それよりも、「今日は町内の運動会に娘と参加してきました。結果は、ビリでした。。。日頃から運動しないとダメですねー。痛感しました(笑)」

なんて、日常会話を挟むことで、その人の人となりのイメージが持てるようになり、親近感も湧きますよね。

会ったこともないのにですよ。

なので、メルマガを書くポイントとしては、「日常会話も入れましょう」です。

だいたい、メルマガ記事の2割くらいを目処に記載するのが適度ですね。

ちょっと、やってみてください。反応が違ってきますよ。

-マーケティング
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お客様に商品やサービスを購入してもらう決定的な方法

先日、百貨店で得意先を訪問するにあたっての手土産を買いにいきました。 正直、これといって決めているものはなくて、いろいろ見て回って、良さそうなものを選ぼうとしていました。 で、購入したのが、とあるブラ …

安心できる、セミナーへの集客の考え方

自社の商品やサービスを販売する方法の1つとして、セミナーを開催するというのがあります。 セミナーを開催することのメリットとしては、 多くの人に一気にメッセージを伝えることができる 自分や会社、もしくは …

よくあるインターネット集客で失敗するケースとは

インターネット集客をしている人が増えてきましたね。 ここでのインターネット集客というのは、ブログやfacebookなどのSNSを利用して、集客するケースです。 でも、うまくいっていない人が大多数じゃな …

異常に低価格な商品がありますが、これって何?

フロントエンド商品ってご存知ですか? これは、自社の商品を買ってくれる見込み客を集めるための商品です。 マーケティングにおいて、いきなり、 「うちの商品、すっごくいいので、買ってください!!」 って売 …

まずは集客で失敗しましょう!!

このタイトル、いかがなものでしょうか? 「失敗しましょう!!」だなんて。 失敗したくないから、こうしてブログ読んでるのに。 なんて、思われるかもしれませんが、あえてこんなタイトルで記事を書かせていただ …