人間関係と集客の課題を一気に解決したいビジネスパーソンのためのブログ

公認会計士として、100社以上の企業を担当してきた経験と知識を活かして、マーケティングと組織の人間関係の課題を解決します。

コーチング

人間関係を構築する部下との面談のやり方

投稿日:

あなたは、年に1回から2回くらい、部下との面談をされているのではないでしょうか?

目標設定、人事評価の通知、人事的な連絡、相談対応などなど、

たくさんの面談の機会があるかもしれません。

そんな面談の場で、意識していることってありますか?

例えば、

  • 部下の意見をよく聞く
  • 部下を追い込まないようにする
  • 部下の顔色を見て話す

などなど、いろいろありますね。

これらはどれも大事ですが、人間関係を構築する上で、こんなことも意識するとすごくいいですよ。

人間関係を構築する部下との面談でのやり方


それは、「自分の想いも話をする」です。

面談と言えば、部下の考えや、意見などを聴くのがメインになりがちです。

でも、ちょっと想像してみてください。

部下の立場からすると、意見を聴いてもらえるのはとても嬉しい。

でも、「そんなにいろいろ聴かれてももう意見なんてないし、そこまでたくさんの考えられないよ」って思ってしまっているかもしれません。

私もそんなことを感じた面談はたくさんありました。

もしかしたら、「将来、あなたはどうなりたいの?」みたいな形で、あなたが意図しないうちに、追い込みをかけられている印象を受けてしまっているかもしれません。

面談では、普段から思っていないような意見をその場で発言しても仕方ないですし、面談の実質的な目的からすると、それってブレてしまいますよね。

なので、上司であるあなたが、こんなことを話してみてください。

私の場合、今は××なことを考えていて、△△をしていきたいと思っているんだよ

とか、

私の将来の目標は、○○なんだよね。なので、今は必死で◻︎◻︎に取り組んでいるんだよ

みたいなね。

するとどうでしょう。部下からすると、

へー、この上司は普段はそんなこと考えていたんだ。すごいなー」とか

この上司の取り組みに対して、自分はまだまだだなー。見習ってがんばろう」とか、

もしかすると、「普段はあまり仕事してないように見えるけど、すごくいろんなところで戦っていたんだ。ずっと勘違いしていたよ

なんて、気づきも与えられるしれません。


これは、こうした密室の公の場で話をすることで、すごく部下に印象を与えるんですよね。

せっかくの面談の場があるので、部下の話を聴くいいきっかけでもありますが、

上司のあなたの話しを個別にするいい機会でもあります。

これをすることで、部下との人間関係は一気によくなり、親近感も湧いてきて、信頼関係を構築できるようになります。

今度の面談の機会では、是非、あなたの話もしてあげてくださいね。

-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

上司が絶対に使ってはいけない口癖とは

上司であるあなたは部下に対して、こんなことよく言っていませんか? 「××さんは、いつも同じ間違いばかりして、全然改善しないなー!!」とか、 「××さんは、いつも同じことばかり言われて、ほんと、大丈夫? …

部下への指導のポイント

仕事柄、お客さんの作成された資料をチェックし、コメントすることが多いです。 そのコメントの仕方って、難しいんですよ。 例えば、記載している内容がいまいちだったとします。 そのコメントとして、 「ここに …

悩みのない生活を送るためにすべきこととは。

コーチングを習い始めて、人に対するコーチングができるようになった他、 自分に対するコーチングができるようになりました。 セルフコーチングなんて言ったりします。 これができるようになって、大抵の気持ちの …

よくある部下との面談の間違いとは?

部下との面談で、あなたはどんな会話をしていますか? 例えば、「最近、調子はどう?」とか、 「何か悩みとかある?」とか、 「これからどんなことをしていこうと思ってる?」 なんで、質問をしていませんか? …

部下のやる気を引き出すコツ

上司であるあなたは、部下に対し、仕事の指示をしているはずですよね。 「この資料の要約、wordファイルにまとめといて」とか、 「今日の会議の議事録作っといて」とか、 「この数字の整合性を確認しといて」 …