株式会社ビジネスコンストラクション Business Constraction

京都市で公認会計士による対人相談なら株式会社ビジネスコンストラクション

マーケティング

商品を販売するときの心得

投稿日:

あなたは商品やサービスを販売するときに心がけていることはありますか?

例えば、

「商品の見た目を美しく、スマートに」とか

「自分に専門家としての権威性を持たせよう」とか、

「商品そのものにお値段以上の価値を感じてもらえるような説明をしよう」とか。

いろいろありますよね。

どれも大切なことです。

では、あなたの”売り方”に焦点を当ててみると、どんなことを意識していますか?

私は、これがとても大事だと思います。

それは、

「売り込まれた感を出さない」

これです。

商品を買う人の多くは、自分から欲しいと思って買いたいんですよね。

なぜなら、おそらくほとんどの人が、大なり小なりの差はあるものの、

勧められた商品を購入して、失敗したと思った経験があるからです。

私も、買って後悔した商品やサービスは山ほどあります。

なので、売り込まれたくないんですよね。また、失敗したくないんです。


例えば、洋服屋さんで、「何かお探しですか?」なんて、声をかけられると、ちょっと嫌になりますよね。

自分で気に入った服を見つけてから、アドバイスして欲しいんですよ。

これは「売り込まれてしまうんじゃないか」と心理的に思ってしまう1つの例ですね。

逆に、家電量販店では、欲しい商品があって訪れるケースが多いのに、

こっちは、説明してくれる担当者が捕まらなくて、イライラして、

挙げ句の果てには、帰っちゃったといこともありますよね。

買いたい人がいるのに、アプローチできていない、もったいないケースです。

ということで、売り込んじゃダメなんです。

もっと正確に言えば、売り込まれた感を持たれてしまってはダメです。

じゃあ、どうすればいいのか。

関係性を構築することです。

「この人は売り込む人じゃない」と思ってもらい、

「この人は自分のことをよくわかってくれていて、自分に必要なもので、価値あるものだけ教えてくれる」って思ってもらえると、

この関係性は最強です。

この関係性を構築しましょう!!

-マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マーケティングで使うべき影響力のある〇〇

例えば、あなたがレストランを予約しようとしていたとします。 どんな風にしてお店を決定しますか? あなたの行きつけのレストランが、その会のニーズにぴったりであれば、そのお店を選ぶかもしれませんね。 でも …

自分の商品ではなく、知人の商品をオススメする理由とは

人は何かをしてもらうと、基本的にそのお返しをしたくなります。 したくなるというか、しないと気持ち悪いんですよね。 これは、返報性の原理といったりします。 突き詰めて考えると、借りができている状態ではい …

上司とのうまい付き合い方のポイント

あなたには上司がいる場合のお話。 上司にも色々な性格の方がいて、親しみやすい上司もいれば、とっつきにくい上司もいます。 特にとっつきにくい上司がいる場合、 コミュニケーションをとるのって、ついつい、躊 …

よくあるインターネット集客で失敗するケースとは

インターネット集客をしている人が増えてきましたね。 ここでのインターネット集客というのは、ブログやfacebookなどのSNSを利用して、集客するケースです。 でも、うまくいっていない人が大多数じゃな …

見込客と出会うためにすべきこと

集客は本当に難しいですよね。 特に、将来、自社の商品やサービスを購入してくれそうな見込客とどこで出会えるのか、 その答えは相当難しいです。 なので、考えるより行動するしかないんですよね。 仮説検証とい …