株式会社ビジネスコンストラクション Business Constraction

京都市で公認会計士による対人相談なら株式会社ビジネスコンストラクション

マーケティング

安心できる、セミナーへの集客の考え方

投稿日:

自社の商品やサービスを販売する方法の1つとして、セミナーを開催するというのがあります。

セミナーを開催することのメリットとしては、

  • 多くの人に一気にメッセージを伝えることができる
  • 自分や会社、もしくは提供するサービスのファンを増やすことができる
  • 自分のプレゼンス(存在感)を高めることができる

など、メリットは大きいです。

お客さんの立場からしてみると、「うちの商品は△△で、とてもいいんですよ。興味ありますか?」って、アプローチされるよりも、

「今度、××のセミナーを開催するんです。あなたの会社のコスト削減につながる情報を提供できますので、よかったらおこしになられませんか?」

って案内された方が、参加してみようかなって思えますよね。

そこからの方が、自社の商品やサービスの販売に繋げやすくなります。

じゃあ、セミナーにどうやって集客するのがいいでしょうか?

セミナー改札するとなると、こんな不安ありませんか?

人が集まってもらえるかどうか

もちろん、私も不安でした。

でも、たった1つのことを意識するだけで、ずいぶんと楽に集客することができるようになりました。

それは、こちらです。

セミナーへの集客の考え方


これです。

2人集まればオッケー

「えっ、たった二人?さすがに少ないでしょう。」

そう思われたんじゃないでしょうか。

でも、2人でいいんです。正確に言えば、特に初心者であれば、少人数がよくて、2人〜、多くても6人くらいがベストです。

なぜでしょうか?

おそらく、あなたがやりたいセミナーというのは、セミナーで勉強だけしてもらって、「じゃあ、頑張ってくださいねー。バイバイ!!」では終わりませんよね?

おそらく、セミナー後に「何か相談事項等があれば、対応いたしますので、ご連絡くださいね」

ってことで、あなたの商品やサービスの提供の機会を作っていますよね。

もしくはそこでのつながりを期待していますよね。

であれば、少人数の方が断然いいんです。

あなたのこれまでの経験から、考えてみてください。

100人のセミナーで質問する勇気と、2人のセミナーで質問する勇気、どっちが重たいですか?

もちろん、普通の方であれば、100人のセミナーで質問したいことがあっても、やめとこかなってなりますよね。

でも、2人のセミナーなら、結構個人的なことでも質問してもいいかな、って思えますよね。

「実は、私は××の事業をしているんですけど、この場合は、○○のやり方でも大丈夫ですか?」

なんて、質問しても違和感ありませんね。

これを100人のセミナーでやってしむうと、

周りからは「そんなこと、終わってなら質問に行けよ!!」って思われちゃいますね。

なので、少人数の方が、圧倒的にサミーでの講師と参加者の距離が近くて、参加者のニーズを満たせることができるんです。


で、気になるのが、

2人じゃ赤字になりそう

ってところですけど、もちろん高いセミナー会場は赤字になります。

でも、自治体が運用しているような会場であれば、2人で赤字にはならないことも多いです。

私の使っている会場であれば、1人の参加で回収できちゃいますよ。

なので、自治体が関係しているような貸し会議室など、探してみてください。

でね、赤字でも、いいかもしれないとも思ってます。なぜなら、そこで人脈が築けたり、あなたの商品を買ってもらえる機会が生まれるとしたら、おそらく安いもんです。

広告費をかけるよりも、よっぽど価値がありますよ。

ということで、2人集まれば、オッケーと思ってセミナー集客してみてください。

気が楽になって、あなたの気持ちに余裕がでてくると、かえって、更に人が集まるかも。

このマインド、大切です!!

-マーケティング
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マーケティングを継続してできてますか?

先日、とある本を読みました。 そこには、目標達成を確実に行うために実践し、成功された方法が赤裸々に記載されていました。 ノウハウ本に近い感じです。 「ここまで企業秘密を明かしてもいいの?」って思えるく …

既存顧客のフォローに注力すべき理由

マーケティングと聞くと、何を連想しますか? 私は、すかさず″集客″を連想してます。 その集客のために、まずは、自社の商品やサービスを魅力的なものにすべきだし、 店舗系ビジネスをされている方にとっては、 …

お客様に商品やサービスを購入してもらう決定的な方法

先日、百貨店で得意先を訪問するにあたっての手土産を買いにいきました。 正直、これといって決めているものはなくて、いろいろ見て回って、良さそうなものを選ぼうとしていました。 で、購入したのが、とあるブラ …

商品を販売するときの心得

あなたは商品やサービスを販売するときに心がけていることはありますか? 例えば、 「商品の見た目を美しく、スマートに」とか 「自分に専門家としての権威性を持たせよう」とか、 「商品そのものにお値段以上の …

部下を人間関係で退職させないためにまずやるべき1つのこと

あなたは。これまで、こんな経験ありませんか? 部下や後輩から、 「実は、3ヶ月後に退職しようと思っているんです」 って、突然、告白されたこと。 その前兆も感じていなかったとしたら、衝撃的な告白ですよね …