株式会社ビジネスコンストラクション Business Constraction

京都市で公認会計士による対人相談なら株式会社ビジネスコンストラクション

マーケティング

無料プレゼントで集客する賢いやり方

投稿日:2017年2月16日 更新日:

よく、こんな広告見ませんか?

「アンケートに答えてくれたら、もれなく1,000円分のQUOカードをプレゼント」

みたいな。

アンケートに答えるだけで、もらえるなら、全然書きます!!

って人が多いんです。

僕もついついアンケートに答えてしまう派です。

でも、これにはお気づきの通りに、アンケートには連絡先を記載することになっていて、

後から、電話がかかってきて、セールスが始まるんですよね。

そこに抵抗感がなければ、アンケートに答えるとお得ですね。

これは、消費者目線の考え方ですが、

じゃあ、主催者側の立場からすると、どんなことを考えているのでしょうか?

そこでは、こんな計算が行われているんです。

まず、アンケートに答えてくれる人にアプローチをかけます。

できるだけ多くの人にアンケートに答えて欲しいので、

イベント会場など、人が集まるところで開催するのがいいですね。

しかも、できるだけ自社の商品やサービスに、興味をもってくれそうな人が集まる場所がいいですね。

ここでは、答えてくれる人が多ければ多いほどいいんです。

続いて、アンケートに答えてくれた人のうち、自社の商品やサービスに興味をもってもらえそうな人をピックアップします。

選び方としては、

  • 興味ありの項目にチェックしてくれた人
  • 年齢
  • 職業や勤め先
  • 家族構成

など。

そして、アプローチ(電話など)をかけます。

ここで、ポイントになるのが、興味をもってくれて、その後に話聞いてくれる人の割合です。

この割合が最も大切なんですよね。

販売する商品やサービスにもよりますが、例えば高額な商品であれば、10%とかね。

更に、そこから個別に話を進めていくんです。

で、最後に何人の人に商品やサービスを買ってもらえたかということになります。

これを具体的な数値でみてみるとわかりやすいので、ちょっと考えてみてください。

先ほどの例で、

1,000人の人にアンケートに答えてもらえたとしたら、1,000円×1,000人で、100万円のコストがかかっているんですよね。

で、1,000人のうち、10%の100人が話に興味をもってくれて、

その100人のうち、10人が商品やサービスを購入してくれたとします。

実に1%(10人÷1,000人)の制約率です。

少ないと思いますか?

商品によってはこれで十分なんです。

なぜなら、その高額な商品価格が1つ100万円で粗利額が30万円でだったとします。

利益額の合計で300万円(30万円×10人)になるので、QUOカード代100万円を差し引いても200万円の儲けです。

わずか1%の人だけが買ってくれたとしても、販売するものによっては儲かるんです。

ここでは簡単な例をお見せしましたが、おそらく現実的には、粗利額が数百万円くらいの商品でこうしたことが行われています。

住宅販売なんか、まさにこんな計算をしているんですよね。

あなたのビジネスにどれだけ当てはまるかわかりませんが、

無料プレゼントのコストを抑えて、集客することで、売上アップを図れる可能性はありますよね。

是非、あなたのビジネスに活かせるか、考えてみてください。


今回はマーケティングの仕組みの話でしたが、他にもいろいろブログ記事で情報提供していますので、

是非、面白そうな記事を探してみてくださいね。

ヒントが見つかるかもしれませんよ。

-マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お金をかけずに集客する方法

当たり前の話ですが、あなたの事業で、集客を行うためのコストはできるだけかけたくないですよね。 お金さえかければ、そこそこ集客できると思いますが、それでは意味がなくて、 費用対効果を考えて、コストを抑え …

集客資産を活用してますか?

あなたは、集客資産って、聞いたことありますか? 特に厳密な定義はないのですが、インターネット集客の場合、どんなものだと思いますか? それは、 「ブログ記事」です。 集客資産としてのブログ記事 皆さんは …

不快な気持ちがいい訳とは。

快な気持ちか、不快な気持ち、 どっちか選べるとしたら、どっちを選びますか? おそらく多くの人が、快な気持ちでしょうね。 私も基本的にそうです。 でも、ビジネスにおいては、快な気持ちがいいとは一概に言え …

完璧な商品を売らない訳

あなたが、無形の商品(情報商材とか、コンテンツなど)を販売しようとするとき、 その完成度は何パーセントで、販売を開始しますか? そりゃ、中途半端なものを販売できないから、100%に決まってるでしょうと …

仕事での人間関係を大切にする方法

あなたは、部下と仲良くやれていますか? そのメルクマールとなるのは、部下からプライベートでの飲み会に誘われるかどうかかなと思っています。 もちろん、役職的に誘いにくい部分もあるかと思いますが、イメージ …