人間関係と集客の課題を一気に解決したいビジネスパーソンのためのブログ

公認会計士として、100社以上の企業を担当してきた経験と知識を活かして、マーケティングと組織の人間関係の課題を解決します。

マーケティング

職場での人間関係の疲れをやわらげるコツ

投稿日:

そこそこの規模の会社ともなってくると、多くの人が働いています。

そして、そこで働く人の、その性格や特性、そもそもの育ってきた環境も様々です。

そんな中で、多くの人とコミュニケーションをとりながら仕事をする訳ですから、

そりゃ疲れますよね

でも、ずっと働こうと思っている職場なら、そんな疲れを少しでも和らげたいものです。

そのためのコツって、

実はあるんです。

職場での人間関係の疲れをやわらげるコツ


それは、これ。

客観的な立場から、相手のことを捉えてみる」ってことです。

そもそも、何故、人間関係で疲れるのでしょう。

それは、自分ごとって考えて、相手との会話を真正面から受け止めているからなんです。

「えっ、当たり前じゃないの?自分のことでしよ?」

って思われますよね。

そう、もちろん、自分のことです。

でも、それをあえて自分のことではないように捉えてみましょうということなんです。

例えば、こんな会話があったとします。

「〇〇さん、なんで勝手に話を進めてるの?全然話しを聞いてないよ。おかげで大恥かいたじゃないか!ったく。ちゃんとやってくれよ!」

なんて上司から言われたとします。

あなたは、

「「君にまかせるよ」って、こないだ言ってたのあなたじゃないですか?何勝手に人のせいにしてるの?方針がブレブレで、ほんとこの上司と仕事してると、疲れるわ」

なんて、思っていたとします。

この場合、あなたは、上司の話を主観的に受け止めていますよね。

そう、真正面から受け止めると疲れるんです。

でも、こんな受け止め方をするとどうでしょうか?

この上司って、人のせいにするのがうまい人だなー(笑)まー、人間だし仕方ないか。恥をかいたら誰しもその怒りを誰かにぶつけたくなるもんねー。それが今日は自分だったってことだね。今日はそんな日ということで、まーやることやるか

分かりますか?

他人事のような捉え方をするんです。

すると、どうでしょうか?

まともに受け止めていない分、気持ちも少し軽くなる気がしないですか?

自分のことって捉えてしまうと、いろんな整理のつかない感情が湧き上がってきて、その感情を吐き出す先が見つからず、結果、疲れちゃうんですよね。

なので、客観的に、他人事だと思って、捉えてみてください。


ただし、注意してもらいたいのは、あくまでも捉え方だけの話であって、

話を聴く姿勢まで他人ごとのような態度をとってはダメですからね。

素直に、「申し訳ありませんでした。以後、ちゃんと連絡するようにします」って、返事しておきましょう。

-マーケティング
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あなたの商品は誰好みですか?

よくやってしまうこと。 それは、自分の感覚で商品を作ったり、サービスを考えたりすること。 自分で、「これ、いい感じ!!」って思った商品、サービスって、果たして、世の中的にいい感じなのでしょうか? つい …

年会費有料のクレジットカードの戦略がすごい

よくビジネス用のシャツを購入しているお店のマーケティング戦略。 それは、お店の会員になるとお得感があるように見せること。 どういうことかと言えば、このお店の会員になるイコール、クレジットカード会員にな …

集客するために持つべき姿勢とは

セミナーの開催、自社サービスの提供などで、やはり一番の課題は集客ではないでしょうか。 お客さんに参加してもらったり、話を聞いてもらわないと、何も始まりませんからね。 ここでは、そんな集客をどんな姿勢で …

セミナーへの集客のために絶対に準備しておくべきこと

あなたは、自分の得意分野でセミナーを開催をしていますか? セミナーを開催すると、一気に多くの人に自分のサービスを提供することができるし、 自分のことを知ってもらえるのでいいですよね。 更には、セミナー …

完璧な商品を売らない訳

あなたが、無形の商品(情報商材とか、コンテンツなど)を販売しようとするとき、 その完成度は何パーセントで、販売を開始しますか? そりゃ、中途半端なものを販売できないから、100%に決まってるでしょうと …