株式会社ビジネスコンストラクション Business Constraction

京都市で公認会計士による対人相談なら株式会社ビジネスコンストラクション

コーチング

誰でもできる、部下への動機づけ

投稿日:2017年3月8日 更新日:

上司の立場であるあなたは、気がついていますか?

部下もあなたと同じように、場合によってはあなた以上に、会社でやりたいと思っていることがあることを。

ここでのやりたいと思っていることとは、

例えば、

「新たなおもしろいサービスを考案する」

「無駄な作業を減らして、業務の効率化を図る」

「積極的に外部研修に参加できるルールを作る」

などなど。

で、あなたはそれを部下に話してもらうチャンスを与えていますか?

もしくは、部下から積極的に発言しやすいような環境を整えてますか?

もし、できていなかったとしたら、あなたは上司としてちょっと残念です。

なぜなら、これも上司の重要な役割だからです。

じゃあ、なぜ、あなたは、そうしたチャンスを与えたり、環境を整えたりしないのでしょうか?

ちょっと考えて見てください。

こんなこと思っていませんか?

  • 部下のそうした話を聞くのが面倒
  • その案が採用されて、実行することになると仕事が増えそう
  • 部下にそんな提案できる能力があるとは到底思えない

いろいろあるでしょうね。言い訳が。

でも、一方でいろいろやりたいことがある部下は、どんな気持ちでいるでしょうか?

「上司はいつも相談しにくい雰囲気があって、とっつきにくいなー」

「話を聴いてくれない上司は早く変わってくれないかなー」

「もっと自由に活動できたら、毎日がすごく充実するだろうなー」

なんてね。

そんな想いの部下をほっておいてしまうと、

あなたは上司として信頼してもらえなくなる可能性があります。

ほんとうに。

じゃあ、どうすべきでしょうか。

部下のモチベーションを上げるためにすべきこと

あなたなら、もうわかりますよね。

部下のことを気にかけてあげて、何でも話を持ちかけてもらいやすい雰囲気を出すんです。

もしくは、数ヶ月に1度くらいのタイミングで、そうした話を聴く機会を提供するんです。


これって、部下の意見を採用するか、却下するか、そこの問題じゃないんですよね。

話を聴くということなんです。

あなたに対して、もし、「話を聴いてもらえない人」ってレッテルが貼られて瞬間、

おそらく、あなたにはこうした相談は持ちかけられないでしょう。

話しても無駄と思われますからね。

部下の話にとことこ付き合ってあげて、それを実現させるためのサポートをしてあげるんです。

そこまでして、うまくいかなかったり、実現しなかったとしても、

部下は、悔しさもあると思いますが、またチャレンジしようとするでしょう。

そして、あなたには感謝すると思います。

こうした機会を与えてくれたことに。

私自身もこうしたチャンスをあたえてもらえたことは、今でも非常に感謝しています。

そんな関係になりたくないですか?

部下のモチベーションが高めることができると、たくさんいいことがあります。

例えば、

  • 仕事に積極的に取り組む
  • その状況を見て、周りの社員も刺激を受ける
  • その結果、チームや部署の業績があがる
  • さらに、会社の業績がアップする
  • その結果、あなたの鼻も高くなる(笑)


こんなにいいことがあるんですよ。

これは、今日からでもできることです。

これだけで、部下が意欲的に働くようになって、会社の業績も向上するのであれば、やらない理由が見つかりませんよね。

-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あなたの部下との面談のタイミングは大丈夫ですか?

あなたは、部下と定期的に面談していますか? 社内ルールとして、年に2回とか、面談を行う制度を採用されている会社もたくさんあります。 でも、それだけで十分でしょうか? あなたの部下はその時に話したいこと …

部下に飲み会へ行くことをすすめましょう!

ほとんどの皆さんは、友人との飲み会や食事会って好きですよね。 久しぶりに会う友達なんかだとすると、近況を知りたいですし、おそら話も盛り上がるでしょう。 仕事時間が大半を占める毎日の中に、少し非日常的な …

人間関係を構築したいなら、絶対にやってはいけないこと

組織で働く以上は、周りとの人間関係はうまくやりたいですよね。 あなたに部下がいれば、部下とも仲良く仕事ができるのがベストです。 部下があなたのことを信頼してくれていて、いろんなことをきっちりと報告もし …

コーチングが効果的は場面とは?

コーチング は様々な場面で効果を発揮します。 基本的にコミュニーケーションが必要な場面全てと言っても過言ではありません。 でも、特に効果的と感じる場面はというと、 それは、 誰かと意見対立が生じている …

あなたの会社の離職率を改善するためのヒント

あなたの会社では、離職率は問題になっていませんか? 今の時代、新入社員の3割が入社から三年以内に退職するみたいですね。 この割合の多さに、衝撃を受けてしまいます。 とはいえ、新入社員に限らず、転職する …