株式会社ビジネスコンストラクション Business Constraction

京都市で公認会計士による対人相談なら株式会社ビジネスコンストラクション

コーチング

部下が何を考えて仕事しているかわからないことの危険性

投稿日:

あなたは、

「部下が毎日、何を考えて仕事しているのかわからない」

ってこと、感じたことありますか?

もし、そうであれば、危険信号が点滅しています。

なぜなら、

あなたは部下から、信頼されていない可能性が高いからです。

「結構、そんな人、多いんじゃないの?」

って、思われたかもしれませんが、その通りです。

私も職業柄、たくさんの企業の人間関係を見てきましたが、まー上司と部下との人間関係がちゃんとできてるなーと感じたことは少ないです。

そこには信頼関係が欠如しているんですね。

部下は、仕事だから仕方ないと割り切って上司であるあなたの対応しているだけかもしれません。

で、一番危険なのは、「みんなそうなんだったら、仕方ないよね」と何の対策も打たないことです。

そんな状態が続くと、部下はこんな症状に陥る可能性があります。

  • 毎日、仕事に向かうのが苦痛に感じるようになる
  • 頻繁に鬱っぽい気持ちになる
  • 仕事を辞めたいと強く感じてしまう  など


そんな、経験ありますか?

私は自分の周りでも、お客さんの会社でも、正直、たくさん見てきました。

じゃあ、どう対策とっていきましょうか?

どんなことができそうですか?

おすすめは、こちらです。

「時間をかけて、コツコツ信頼関係を構築する」

そのままですが、そうなんです。

ポイントは、「時間がかかること」です。

信頼関係って、壊れるのは、一瞬、作るのは時間がかかるのは、わかりますよね。

上記のケースでは、信頼関係がない状態と言えますので、コツコツやるしかないんです。

なぜ、コツコツかというと、一気にやっても、うまくいかなし、できないからです。

例えば、部下と面談して見たとします。

表面的には、ある程度の話はしてくれたとしても、仕事で上司の立場であり、信頼性が乏しいあなたに、

「実は、仕事が楽しくなくて毎日、悩んでいるんです」って、いきない打ち明けてくれそうですか?

まず、難しいでしょう。

なので、信頼関係を構築するのに、即効薬は基本的にないと思ってください。

それよりは、こんなことをしてみてはどうでしょうか。

  • 挨拶をする(おはよう、お疲れ様など)
  • 感謝する(××してくれてありがとう)
  • 褒める(××の件、結構いい出来やねー)
  • 自分のプライベートの話をする(実はこの週末にかみさんと大喧嘩してさー)

こんな対応を繰り返してみてください。

部下は次第に、上司であるあなたが気にかけてくれていることを感じはじめます。


決っして、表面的な感じでやってはダメですよ。部下は敏感ですから、テクニック的な感じ対応しても、効果は薄いです。

あなたは、本気で部下のことを気にかけてあげてください。

つまり、あなたは部下にどうなって欲しいのかを考えて、そのためにどう接すればいいのかを考えてくださいね。

そのヒントは、記載した通りです。

-コーチング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お礼を言わない理由を教えてください。

日本人って、部下にお礼をいうっていうのが、不得意ですよね。  その要因はというと、 給料もらっているんだから、仕事をして当たり前だろう!! ってことじゃないですか? 確かにそう。 理屈として …

組織の人間関係を改善するためにすべきたった1つのこと

今まで、たくさんの会社を見てきましたが、どこもそうです。こんな共通点があります。 それは、 「人間関係がうまくいっていない」です。 例えば、部下は上司のいないところで、「あの上司、ほんと最悪。自分のこ …

クライアントの立場に立って、同情しましょう

クライアントから、クレームのメールが届いたときのこと。 文面からして、相当、怒っている様子です。 ただ、こちらに非があるとは思えないので、反論しようかと思いました。 でも、やっぱりそんな対応はやめまし …

コーチングが効果的は場面とは?

コーチング は様々な場面で効果を発揮します。 基本的にコミュニーケーションが必要な場面全てと言っても過言ではありません。 でも、特に効果的と感じる場面はというと、 それは、 誰かと意見対立が生じている …

部下に飲み会へ行くことをすすめましょう!

ほとんどの皆さんは、友人との飲み会や食事会って好きですよね。 久しぶりに会う友達なんかだとすると、近況を知りたいですし、おそら話も盛り上がるでしょう。 仕事時間が大半を占める毎日の中に、少し非日常的な …