人間関係と集客の課題を一気に解決したいビジネスパーソンのためのブログ

公認会計士として、100社以上の企業を担当してきた経験と知識を活かして、マーケティングと組織の人間関係の課題を解決します。

コーチング

部下との人間関係で失敗してしまうきっかけとは

投稿日:

先日、こんな失敗をしてしまいました。

私が部下に依頼した仕事があったのですが、その出来栄えを褒めることは全くせず、指摘だけしちゃいました。

その結果、どうなったかというと。

自信がなくなりました。力不足で申し訳ありません。ありがとうございました。

ということで、わたしのチームから去ろうとしていました。

これ、私の完全な失敗です。

この理由、わかりますか?

部下との人間関係で失敗してしまうきっかけとは


褒めるってことをしなかった

これなんです。

実は、内容的には90点で合格点です。

でも、そんなことを一切伝えることなく、

「××のところ、修正してもらえますか?」とだけ伝えてしまいました。

ちょっと想像してみてください。相手の立場にたって。

おそらく、相手の方は、「全然だめだ。役に立ってもないし、かえって迷惑になってるだけだ?」って、感じたんじゃないかと思います。

合格点だったにも、関わらずですよ。

これって、部下も自分も、両者とも損しているんですよね。

部下は、自分の実力を発揮できるチャンスがあるにもかかわらず、それを逃してしまっていることになるし、

私は、「この人にお願いしたい」って、いい部下がそばにいるのに、

仕事を依頼することができなくなってしまっているんです。

お互いにとって不幸な状況なんです。

本当に単純な話です。

ただ、相手を認めて、いいところを伝えすることをしなかった、ただそれだけなのに。

例えば、こんな反応をしていたら、どうだったでしょうか?

「全体的にオッケーです。あと細かいところだけど、××のところ修正してもらっても大丈夫かな?」

とか、

「ほぼ、完璧ですね。助かります。あと、あえていえば、××のところなんだけど、ここを更新してもらう時間はあるかな?」

これだと、

まーまず、断られることはないでしょうし、部下はこれから先、モチベーション高く対応してくれることでしょう。


相手を認めること、単純だけど、大切なこと。でも、結構、できていないこと。

あなたは、大丈夫ですか?

-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

部下の有給休暇の申請の取り扱いのポイント

ビジネスパーソンにとって、休日というのは、どうしても待ち遠しいものですよね。 普段、一生懸命、働いているので、息抜きは必要なものです。 仕事の効率化を考えると、メリハリをつけることは大切。 以前にプロ …

「幸せ」と「コーチング」の関係

今日は慶応義塾大学の前野隆司先生の講演を受けました。 前野先生といえば、「幸福」について研究さて、たくさんの書籍を出版されていらっしゃる方です。 話の中にこんな内容がありました。 「長続きしない幸せと …

社内の人間関係を改善する簡単な方法

これまでに多くの企業を担当してきたこともあり、たくさんの組織内部の状況を見てきました。 で、共通することといえば、 「人間関係がうまくいっていない」 なんですよね。 当然、深刻なケースもあれば、そこま …

深い会話のまえにすべきこととは

人は信頼できる人にだけ、本音で自分の想いを話すことができます。 逆に言えば、信頼関係のない人とは、表面的なことや、事実関係などしか話すことができません。 コーチングは、信頼関係が前提に成り立っています …

コーチングしながら意識すべきこと

あなたは、コーチングとティーチングの違いはご存知ですか? ティーチングは、いわゆる「教える」ことで解決していくのに対し、 コーチングは、「相手の思っていることを引き出していく」ことで解決していきます。 …