株式会社ビジネスコンストラクション Business Constraction

京都市で公認会計士による対人相談なら株式会社ビジネスコンストラクション

コーチング

部下との人間関係で失敗してしまうきっかけとは

投稿日:

先日、こんな失敗をしてしまいました。

私が部下に依頼した仕事があったのですが、その出来栄えを褒めることは全くせず、指摘だけしちゃいました。

その結果、どうなったかというと。

自信がなくなりました。力不足で申し訳ありません。ありがとうございました。

ということで、わたしのチームから去ろうとしていました。

これ、私の完全な失敗です。

この理由、わかりますか?

部下との人間関係で失敗してしまうきっかけとは


褒めるってことをしなかった

これなんです。

実は、内容的には90点で合格点です。

でも、そんなことを一切伝えることなく、

「××のところ、修正してもらえますか?」とだけ伝えてしまいました。

ちょっと想像してみてください。相手の立場にたって。

おそらく、相手の方は、「全然だめだ。役に立ってもないし、かえって迷惑になってるだけだ?」って、感じたんじゃないかと思います。

合格点だったにも、関わらずですよ。

これって、部下も自分も、両者とも損しているんですよね。

部下は、自分の実力を発揮できるチャンスがあるにもかかわらず、それを逃してしまっていることになるし、

私は、「この人にお願いしたい」って、いい部下がそばにいるのに、

仕事を依頼することができなくなってしまっているんです。

お互いにとって不幸な状況なんです。

本当に単純な話です。

ただ、相手を認めて、いいところを伝えすることをしなかった、ただそれだけなのに。

例えば、こんな反応をしていたら、どうだったでしょうか?

「全体的にオッケーです。あと細かいところだけど、××のところ修正してもらっても大丈夫かな?」

とか、

「ほぼ、完璧ですね。助かります。あと、あえていえば、××のところなんだけど、ここを更新してもらう時間はあるかな?」

これだと、

まーまず、断られることはないでしょうし、部下はこれから先、モチベーション高く対応してくれることでしょう。


相手を認めること、単純だけど、大切なこと。でも、結構、できていないこと。

あなたは、大丈夫ですか?

-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人間関係を維持したまま、失敗を反省させるコツ

人は失敗する生き物です。そのため、指導することも多いと思います。 でもその度に、人間関係に少しずつヒビが入りそうだなと感じたことはありませんか? 人間関係を壊すことなく、人の失敗を指導し、反省させて、 …

部下への指導を上手くやる3つのポイント

社内でこんな光景をよく見かけます。 上司が部下を一方的に叱りつけて、部下が何かその理由を説明しようとすると、 「言い訳はもういい」と切り捨てたりしています。 で、部下は不貞腐れてしまい、その後、同僚に …

クライアントの立場に立って、同情しましょう

クライアントから、クレームのメールが届いたときのこと。 文面からして、相当、怒っている様子です。 ただ、こちらに非があるとは思えないので、反論しようかと思いました。 でも、やっぱりそんな対応はやめまし …

行動できるようになるためのヒント

社会人10年以上になってくると、なかなか、自主的に行動をとるのって腰が重いですよね。 例えば、英語の学習。 やるべきとはわかっているものの、 なかなか重い腰を動かすのが一苦労。 それに、何から手をつけ …

部下への指導のポイント

仕事柄、お客さんの作成された資料をチェックし、コメントすることが多いです。 そのコメントの仕方って、難しいんですよ。 例えば、記載している内容がいまいちだったとします。 そのコメントとして、 「ここに …