株式会社ビジネスコンストラクション Business Constraction

京都市で公認会計士による対人相談なら株式会社ビジネスコンストラクション

マーケティング

集客するために持つべき姿勢とは

投稿日:2017年7月3日 更新日:

セミナーの開催、自社サービスの提供などで、やはり一番の課題は集客ではないでしょうか。

お客さんに参加してもらったり、話を聞いてもらわないと、何も始まりませんからね。

ここでは、そんな集客をどんな姿勢で取り組むべきなのかについてお伝えします。

Business team meeting analysis financial chart together at cafe.with reflection from windows

集客するための姿勢とは

答えは単純です。

『待つ』

です。

例えば、自社セミナーを案内したとします。

でも、一向に反応がないとすれば、不安に感じてしまいますよね。

でも、よく考えてみてください。

人には、自分のタイミングってものがあります。

今は忙しかったりしたら、「後から連絡すればいいか」ってなります。

例えば、別件と日程が重なっていて調整が必要ならば、その調整が終わったタイミングで連絡しようと考えたりもします。

更には、多くの方が(もしかしたらあなたもそうであるように)、全然悪気があるわけでもなく、返事しないという対応さえも、普通と考えていたりもします。

不特定多数の人に配信した案内であれば、「参加できる人だけが連絡すればいいんだよね」って、思ったりしがちだからです。

なので、基本的には待ちます。焦っても何も始まりませんから。

集客のためにやるべきこと①

とはいえ、そんな中でも、やるべきことはいくつかあります。

そのうちの1つはこれです。

「期限を設定する」

自社セミナーを例にとると、「申込期限は×月○日までです。」と、設定します。

この期限がないと、人はギリギリまで申込しなかったり、申込しようと思っていても、忘れてしまうということも起こります。

なので、期限を設定することは、申込を促す効果があるので、是非やる必要があります。

集客のためにやるべきこと②

それから、こちら。

「限定する」です。

例えば、参加人数を限定して、先着順にしたり、

特別価格で参加できるのは、先着×名様までと限定したり。

そうすることで、人は真剣に申込するかどうか考えるようになります。

ポイントはいかに真剣に考えてもらう機会を作れるかです。

そうじゃなければ、どんなにいいセミナーやサービスであったとしても、見込客は申込んでもらう機会を逃してしまうことになりかねないのです。

集客のためにやるべきこと③

そして、こちらです。

「リマインダー(再通知)」

最初に、待つ姿勢が大切という話をしましたが、開催当日まで待ち続けるという訳にはいきません。

これは、申込を迷っている人や忘れていた人に行動を促す効果があります。

例えば、申込期限の2日前に、「明後日で申込を締め切りますので、まだ申込未了の方は急いで申込ボタンをクリックしてください」って感じで、案内したりします。

人は行動を促されることで、行動することに慣れていますので、

できるだけ、親切丁寧に指示をしてあげてください。

このリマインダーにより、たまたま申込を忘れていた人に思い出してもらえるので、効果的なんです。

まとめ

このように、基本的には待つ姿勢で対応しながらも、その申込の設定に際しては、

期限を設定したり、限定にしたりすることは非常に大切です。

さらに、リマインダーを行うことで、取りこぼしも防止できるわけですね。

是非、これらを意識して対応してみてください!!

-マーケティング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ピコ太郎、ここまで来ると思っていましたか?

自社商品のテストしてますか? 何か商品を開発できたとします。 で、市場に出して、 売れたらいいなー、じゃダメですよね。 なんだか運任せみたいな。 そんなんじゃダメですよね。 いつでも修正するつもりで、 …

マーケティングで使うべき影響力のある〇〇

例えば、あなたがレストランを予約しようとしていたとします。 どんな風にしてお店を決定しますか? あなたの行きつけのレストランが、その会のニーズにぴったりであれば、そのお店を選ぶかもしれませんね。 でも …

年会費有料のクレジットカードの戦略がすごい

よくビジネス用のシャツを購入しているお店のマーケティング戦略。 それは、お店の会員になるとお得感があるように見せること。 どういうことかと言えば、このお店の会員になるイコール、クレジットカード会員にな …

既存顧客のフォローに注力すべき理由

マーケティングと聞くと、何を連想しますか? 私は、すかさず″集客″を連想してます。 その集客のために、まずは、自社の商品やサービスを魅力的なものにすべきだし、 店舗系ビジネスをされている方にとっては、 …

facebookで集客するために知っておくべきこと

facebookはすっかり日常のものになりましたね。 ついつい暇があると、facebookで友達の投稿記事を見ている人も多いんじゃないでしょうか。 そのfacebookには、個人のページとfacebo …