株式会社ビジネスコンストラクション Business Constraction

京都市で公認会計士による対人相談なら株式会社ビジネスコンストラクション

マーケティング

集客で売上アップするために、自社アピールをしない理由

投稿日:

こんなこと感じたことありませんか?

交流会などの場で、自社の商品やサービスを必死でアピールしたけど、たくさんの参加者の中の1人になってしまって、

「あんまり印象に残せていないんだろうなー。特にその後、ほとんど問い合わせもこないしなー」って。

完全に大勢の中に埋もれてしまっていると感覚です。

更に、こんなことを感じたりもしませんか?

「やっぱり人数の少ない交流会に参加した方が、覚えてもらえそうでよかったのかなー」って。

正直、私は何度もあります。

さんざん名刺を配ったけど、特に問い合わせないし、種まきしたつもりだけど、いつまで待てばいいんだろーって不安になってきますよね。

でも、こう考えると、随分と気が楽になりました。

それは、

「交流会はセールスの場ではなくて、連絡先を正式に教えてもらう場。セールスも自社商品のアピールもほとんどしなくていい」


「何それ?セールスも自社商品のアピールもしない?もったいないやん」って、思われましたか?

でも、大人数の交流会に参加して、どうせ埋もれてしまうのであれば、

たくさん喋ると疲れるだけだし、成果も出なければかえって凹むだけだし、一緒ですよね?

で、当然、これで終わりません。さすがに。。。

その当日か、翌日に、個別でメールやFAXDMなどでアプローチをかけます。

メールであれば、こんな文面で。

「昨日はありがとうございました。⚪︎⚪︎さんの事業ってすごいですね。ついつい話に夢中になってしまいました。

昨日は時間に制約がありましたが、今度、続きをじっくり聴かせてくださいね。

私も、昨日はあまり話せてませんでしたが、××を販売していたりします。特に△△にお悩みの方には喜んでもらえてます。その他の方は、ぼちぼちですかね(笑)詳細は添付のチラシを見てもらえればと思います。

⚪︎⚪︎さんの商品に興味がある人が周りにいないか、ちょっと探してみますね。またこれからもよろしくお願いします。」

てな感じで。


これは、完全に1対1の形を取っていて、こちらの土俵でセールスができています。

しかも、おそらく、確実にあなたのメールに集中して読んでもらえるので、多数に埋もれる心配もないんです。

正式に名刺もいただいているので、後ろめたい気持ちで連絡をとる必要もなくなります。

ということで、交流会では、連絡先だけを確認できれば、オッケーなんです。

とはいえ、チャンスがあれば、商品などをアピールしても全然いいですが、不快な印象だけは与えないようにしましょう。

後ほど、メールを送っても無視されてしまう可能性が高まりますからね。

連絡先をたくさんの収集するという点からすると、大人数の交流会の方がむしろありですね。

こんなこと、意識してやってみてください。

-マーケティング
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

丁寧な電話応対のススメ

つい先日、貸し会議室の予約の相談をするために、会場の運営事務所に電話しました。 こちらのたどたどしい質問にもかかわらず、とても丁寧に対応してくれました。  しかも、質問していないこと(注意点 …

既存顧客のフォローに注力すべき理由

マーケティングと聞くと、何を連想しますか? 私は、すかさず″集客″を連想してます。 その集客のために、まずは、自社の商品やサービスを魅力的なものにすべきだし、 店舗系ビジネスをされている方にとっては、 …

名刺交換から一気に新規顧客を獲得するポイント

新規のお客さんの獲得はどんなビジネスでも大切ですよね。 もちろん、既存顧客も大切にする必要がありますが、そこばかりに固執してしまうと、どこかで行き詰まってしまいますからね。 そんな新規顧客の獲得、まー …

接客で相手の心を動かしてうまく販売するコツ

あなたは、商品やサービスを販売するとき、どんなセールストークをしていますか? 「うちの商品は××です。あなたの事業にも、有効な内容となっていますよ。いかがでしょうか?」 なんてニュアンスになっていませ …

まずは集客で失敗しましょう!!

このタイトル、いかがなものでしょうか? 「失敗しましょう!!」だなんて。 失敗したくないから、こうしてブログ読んでるのに。 なんて、思われるかもしれませんが、あえてこんなタイトルで記事を書かせていただ …