人間関係と集客の課題を一気に解決したいビジネスパーソンのためのブログ

公認会計士として、100社以上の企業を担当してきた経験と知識を活かして、マーケティングと組織の人間関係の課題を解決します。

コーチング

クライアントの立場に立って、同情しましょう

投稿日:2017年1月7日 更新日:

クライアントから、クレームのメールが届いたときのこと。

文面からして、相当、怒っている様子です。

ただ、こちらに非があるとは思えないので、反論しようかと思いました。

でも、やっぱりそんな対応はやめました。

おそらく、無駄なやりとりが続くだけで、関係が悪化するだけであることが、容易に想像できたからです。

なので、こんな感じのメールを返しました。

「この度は誤解を与えてしまい、大変申し訳ありませんでした。以後、このようなことがないよう、十分に気をつけますので、引き続きよろしくお願いいたします。」

文面からすると、こちらに非があることを認めている感じですよね。

で、クライアントの反応はというと、

「こちらこそ、言い過ぎまして、申し訳ありませんでした。引き続きよろしくお願いいたします。」

こんな感じで、一回のメールのやり取りで終息させてることができました。

もちろん、その後にお会いしたときも謝っておきましたが、その時はもはや和やかな感じです。

ほんと、よかったです。

もし、ちょっと反発するようなメールを送り返そうものなら、長々と続いていた可能性がありますよね。

で、ここで伝えたいのは、私がトラブルを上手く解決したという話ではなくて、

相手の気持ちに立って対応したということです。

この場合、相手は、私に対して怒っていて、拳を振り上げてしまっていて、そして、非を認めてもほしいと思っているんですよね。

勘違いしてほしくないのは、私との関係をこじらせたい訳ではなく、

報酬を返金してほしい訳でもなく、

もちろん、私を殴りたい訳でもないんです。

ただ、謝って欲しいだけ。

クライアントの気持ちに立って考えると、おそらくそうかなと思いました。

相手の立場に立って、相手の気持ちを想像して、適切な対応をとること。

コーチングでも、相手の気持ちに立って考えてもらったりします。

それで、結構、物事をうまく進めることができるんですよね。

いつでも使えるので、是非やってみてください!!

ちなみに、アメリカのような訴訟社会でもないので、非を認めてもそんなに大ごとにはならない日本は平和でよかったです。

-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お礼を言わない理由を教えてください。

日本人って、部下にお礼をいうっていうのが、不得意ですよね。  その要因はというと、 給料もらっているんだから、仕事をして当たり前だろう!! ってことじゃないですか? 確かにそう。 理屈として …

人間関係を構築するための部下との会話の方法

あなたは、部下から相談があった時、どんな対応していますか? 例えば、「ちょっと、この書類の内容をチェックしてもらえませんか」って言われたとします。 そしたら、こんな感じで済ませていませんか? 「了解。 …

子供との正しい付き合い方

今回は子供と親との関係のお話。 外出していると、よくこんな親子の様子を見かけます。 「さっさと車に乗りない!!」とか、 「こぼさず食べなさい!」とかね。 子供はむすっとした顔をしていたり、すねた顔をし …

組織の人間関係の悩みを発生させないようにするコツ

組織内での人間関係の悩みを抱えている会社って、本当に多いですよね。 逆に悩みのない会社を見てみたいくらいです。 で、この悩みは何とか解消したいと思いますが、、、 そもそも、悩みは作らないようにすれば、 …

その議論の方向性、合ってますか?

社内の議論の中で、よく、目の前のことに焦点が当たりすぎていて、本来の目的を見失っていることってありませんか? 例えば、こんなケース 社員A:「この提案書、もっとボリュームを増やして、価値があるように見 …