人間関係と集客の課題を一気に解決したいビジネスパーソンのためのブログ

公認会計士として、100社以上の企業を担当してきた経験と知識を活かして、マーケティングと組織の人間関係の課題を解決します。

マーケティング

丁寧な電話応対のススメ

投稿日:

つい先日、貸し会議室の予約の相談をするために、会場の運営事務所に電話しました。

こちらのたどたどしい質問にもかかわらず、とても丁寧に対応してくれました。 

しかも、質問していないこと(注意点)まで、丁寧に教えてくれました。

その瞬間、その施設への印象がすごく良くなって、

他にもたくさん貸し会議室があるなかで、

迷うことなく、ここを予約しようと決めました。

そのとき、どんな気持ちになったかというと、

「こんな丁寧に電話応対してくれるところなんだから、安心して利用させてもらえそう」って感じたんですよね。

これまでにも、多くの業者さんなどに対して、問い合わせ電話をしたことがありますが、

半分以上のケースでは、印象がいまいちでした。

なんというか、マニュアル通りの仕事しかしていないというか、若干、不機嫌そうな印象を受けたこともありました。

「あー、また質問の電話や。面倒やなー」みたいな感じで受け止められているのではと思ったりしていました。

この電話応対1つで、その後の契約や取引につながるかどうか、左右する、っていっても過言ではないんですよね。

逆に言えば、そこをきっちりと、丁寧に対応することができていれば、信頼関係も容易にできたりするとも言えます。

マーケティングにおいて、商品やサービスの内容の説明も大切ですが、

それ以前の、入り口の部分(問い合わせの窓口対応)が、実はポイントだったりもします。

これは、メールの返答でもそうですよね。

相手のことを思いながら、メールの返答をすることで、相手の受け止め方にすごく響き、

「この人なら信頼できそうだから、仕事をお願いしても大丈夫そうだな」って思えたりするんですよね。

あなたは、メールや電話、どれだけ相手のことを思って対応できていますか?

ちょっと考えてみてくださいね。

-マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

顧客の教育、できてますか?

あなたはどんな時に買い物をしますか? 特に日常品を除いたとしたら、大きく2つに区分できると思います。 1つは、贅沢品、もう1つは緊急品です。 贅沢品は、ステータスを高めたいと思った時や、自分へのご褒美 …

マーケティングを継続してできてますか?

先日、とある本を読みました。 そこには、目標達成を確実に行うために実践し、成功された方法が赤裸々に記載されていました。 ノウハウ本に近い感じです。 「ここまで企業秘密を明かしてもいいの?」って思えるく …

集客にとりかかるためにやっておくべき1つのこと

あなた自身が自社の商品やサービスのために集客をしている場合、 結構な時間を集客するための仕事に費やしているのではないでしょうか? おそらく、あなたに限らず、多くの人がそんな状況かと思います。 うまくい …

集客できる魅力的なブログネタの見つけ方

ブログで集客している方は、こんなことにお悩みではありませんか? 「毎日、どんな記事を書こうか考え込んでしまう」 確かにありますよね。 机に向かって、いざ書こうと思っても、なかなか筆が進まない(タイピン …

マーケティングにおけるジョイントベンチャーとは?

JVって言葉、聞いたことありますか? よく、工事の看板で、JVって言葉が書いてあるのを見たりするかと思います。 これは、ジョイントベンチャーって呼ぶんですね。 ジョイントベンチャーとは、いろんな定義が …