株式会社ビジネスコンストラクション Business Constraction

京都市で公認会計士による対人相談なら株式会社ビジネスコンストラクション

マーケティング

見込客と出会うためにすべきこと

投稿日:

集客は本当に難しいですよね。

特に、将来、自社の商品やサービスを購入してくれそうな見込客とどこで出会えるのか、

その答えは相当難しいです。

なので、考えるより行動するしかないんですよね。

仮説検証という言葉があります。

これは、一定の仮説を立てて、アクションを行い、その結果を受けて、

仮説が正しかったのか、間違っていたのかを検証し、

仮に間違っていた場合には、新たな仮説を設定して、またアクションを行うんですよね。

実に地道な作業だったりします。

でも、答えなんて、ないことの方が多いので、これを繰り返すしかないんですよね。

大手コンサルティング会社もこれを繰り返しているんです。

話は戻りますが、いい見込客に出会うためにも、行動あるのみです。

例えば、仮説として、比較的高額な交流会に参加する方が、いい見込客に出会う可能性が高いと設定します。

そして、いくつかの高額な交流会に参加して、名刺交換を行い、セミナーなどの提案をしていくんですよね。

その結果、セミナー申し込み率が高ければ、仮説は正しかったということになります。

そして、その仮説は信頼できるとして、行動していけばいいだけです。

場合によっては、更に詳細な仮説を設定し、検証していくこともあります。

先の例であれば、10,000円〜20,000円の交流会に参加することが、理想の見込客に出会う可能性が高いとする訳です。

それで、検証(いくつかの価格の違う交流会に参加)し、仮説の信憑性を確認します。

こうした仮説検証を繰り返すことで、自分の行動が洗練されてくる訳です。

いい見込客と出会いたければ、仮説検証を繰り返しながら、たくさんの交流会に参加するということに、なりますね。

-マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あなたの商品のタイトルをつけ方のポイント

本屋に行ってみると、よく、売上ランキングコーナーとかありますよね。 ビジネス書ランキングとか、 自己啓発本ランキングとかね。 で、どんな本が売れているかというと、 ちょっとタイトルが、興味をひくような …

集客のブログ記事を書くときに気をつけるべきこと

集客するためのブログ記事を書くときに気をつけないといけないことがあります。 それというのは、ブログの記事を読みやすいものにしておかないと、 「このブログ読みにくいし、もう読むのやめとこ」って、なってし …

集客にとりかかるためにやっておくべき1つのこと

あなた自身が自社の商品やサービスのために集客をしている場合、 結構な時間を集客するための仕事に費やしているのではないでしょうか? おそらく、あなたに限らず、多くの人がそんな状況かと思います。 うまくい …

自分の商品ではなく、知人の商品をオススメする理由とは

人は何かをしてもらうと、基本的にそのお返しをしたくなります。 したくなるというか、しないと気持ち悪いんですよね。 これは、返報性の原理といったりします。 突き詰めて考えると、借りができている状態ではい …

無形のサービスを販売するコツ

コンサルタントは、無形のサービスを提供することになります。 目に見えないサービスの提供なので、目に見える物品の販売よりも売りにくいですよね。 じゃあ、どうすれば売りやすくなるか? そこには、いろいろあ …