株式会社ビジネスコンストラクション Business Constraction

京都市で公認会計士による対人相談なら株式会社ビジネスコンストラクション

コーチング

部下からの相談、聞けていますか?

投稿日:

部下が相談したいことがあるということで、上司であるあなたのデスクのところに来ました。

ただし、あなたは期日の迫られているレポートの作成があり、バタバタしている状況です。

とはいえ、上司として部下の相談対応はすべきであると思っているので、こういいました。

「ちょっと忙しいけど、パソコン打ちながら聞くので、話してみて」

部下は、少し話始めましたが、途中で「お忙しそうなので、また今度にします」と言って、席を離れていきました。

あなたは、忙しかったこともあり、あまり部下のことを気にせずに、仕事を続けてしまいました。

これって、大丈夫ですか?

相談内容を話し始めたけど、途中でやめてしまった部下は、どんな想いだったかわかりますか?

おそらくこうです。

「この上司、私のことなんて、気にしてくれない人なんだ。もういいや。」

違いますか?

上司であるあなたは、忙しいということを理由に、部下に向き合うことができていませんよね。

仮に、部下が全て話してくれたとしても、表面的な対応しかとれないことでしょうか。

なぜなら、”聴けていないから”

じゃあ、どうすべきだったのでしょうか。

1つはこれです。

「ごめん、ちょっと今、手が離せないから、あと30分したら声かけるし、その時にきっちり話聴くけど、それで大丈夫?」

もしくは、

「いいよ、話してみて」といって、パソコンの手を止める。

このどちらかでしょう。

これが毎回できれば、部下はあなたのことを信頼してくれるようになります。

逆に、ほとんどできていなければ、あなたは非があると思っていなかったとしても、

部下からの信頼はなくなってしまうことでしょう。

気をつけたいものですね。

-コーチング
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

よくある部下との面談の間違いとは?

部下との面談で、あなたはどんな会話をしていますか? 例えば、「最近、調子はどう?」とか、 「何か悩みとかある?」とか、 「これからどんなことをしていこうと思ってる?」 なんで、質問をしていませんか? …

意見の対立を回避するコーチングスキルとは

コーチングのスキルを身につけると、こんなことができるようになりました。 ズバリ、意見の対立があっても、素直に相手意見を受け止めようとする姿勢をもてるようになり、 相手の考えを受け入れることができるよう …

部下が何を考えて仕事しているかわからないことの危険性

あなたは、 「部下が毎日、何を考えて仕事しているのかわからない」 ってこと、感じたことありますか? もし、そうであれば、危険信号が点滅しています。 なぜなら、 あなたは部下から、信頼されていない可能性 …

その議論の方向性、合ってますか?

社内の議論の中で、よく、目の前のことに焦点が当たりすぎていて、本来の目的を見失っていることってありませんか? 例えば、こんなケース 社員A:「この提案書、もっとボリュームを増やして、価値があるように見 …

あなたの部下との面談のタイミングは大丈夫ですか?

あなたは、部下と定期的に面談していますか? 社内ルールとして、年に2回とか、面談を行う制度を採用されている会社もたくさんあります。 でも、それだけで十分でしょうか? あなたの部下はその時に話したいこと …