株式会社ビジネスコンストラクション Business Constraction

京都市で公認会計士による対人相談なら株式会社ビジネスコンストラクション

コーチング

部下からの相談、聞けていますか?

投稿日:

部下が相談したいことがあるということで、上司であるあなたのデスクのところに来ました。

ただし、あなたは期日の迫られているレポートの作成があり、バタバタしている状況です。

とはいえ、上司として部下の相談対応はすべきであると思っているので、こういいました。

「ちょっと忙しいけど、パソコン打ちながら聞くので、話してみて」

部下は、少し話始めましたが、途中で「お忙しそうなので、また今度にします」と言って、席を離れていきました。

あなたは、忙しかったこともあり、あまり部下のことを気にせずに、仕事を続けてしまいました。

これって、大丈夫ですか?

相談内容を話し始めたけど、途中でやめてしまった部下は、どんな想いだったかわかりますか?

おそらくこうです。

「この上司、私のことなんて、気にしてくれない人なんだ。もういいや。」

違いますか?

上司であるあなたは、忙しいということを理由に、部下に向き合うことができていませんよね。

仮に、部下が全て話してくれたとしても、表面的な対応しかとれないことでしょうか。

なぜなら、”聴けていないから”

じゃあ、どうすべきだったのでしょうか。

1つはこれです。

「ごめん、ちょっと今、手が離せないから、あと30分したら声かけるし、その時にきっちり話聴くけど、それで大丈夫?」

もしくは、

「いいよ、話してみて」といって、パソコンの手を止める。

このどちらかでしょう。

これが毎回できれば、部下はあなたのことを信頼してくれるようになります。

逆に、ほとんどできていなければ、あなたは非があると思っていなかったとしても、

部下からの信頼はなくなってしまうことでしょう。

気をつけたいものですね。

-コーチング
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

感情に左右されずに人間関係を維持するための心得

人って感情的な生き物ですよね。 嬉しいと感じたり、 悲しいと感じたり、 幸せと感じたり、 もしくは、ムカっと感じたり。 日々、たくさんの感情を持つことになります。 感情に支配されて生きているんですね。 …

「幸せ」と「コーチング」の関係

今日は慶応義塾大学の前野隆司先生の講演を受けました。 前野先生といえば、「幸福」について研究さて、たくさんの書籍を出版されていらっしゃる方です。 話の中にこんな内容がありました。 「長続きしない幸せと …

部下のやる気を引き出すコツ

上司であるあなたは、部下に対し、仕事の指示をしているはずですよね。 「この資料の要約、wordファイルにまとめといて」とか、 「今日の会議の議事録作っといて」とか、 「この数字の整合性を確認しといて」 …

着実に目標を達成していくためのポイントとは

目標を設定しても、なかなか続けていくモチベーションを維持するの、難しいですよね。 これって、ある意味、当然なんですよ。 誰しも、基本的にはモチベーションというのは低下していくんです。 イメージ、記憶と …

社長の想いを従業員にうまく伝えるためのポイント

あなたが企業の社長である場合、あなたの想いは従業員にうまく伝わっていますか? 正確に言えば、うまく伝わっていると本音ベースで思っていますか? 想いというのは、例えば、 従業員の労働時間を削減したいこと …