株式会社ビジネスコンストラクション Business Constraction

京都市で公認会計士による対人相談なら株式会社ビジネスコンストラクション

コーチング

部下の有給休暇の申請の取り扱いのポイント

投稿日:

ビジネスパーソンにとって、休日というのは、どうしても待ち遠しいものですよね。

普段、一生懸命、働いているので、息抜きは必要なものです。

仕事の効率化を考えると、メリハリをつけることは大切。

以前にプロジェクトの仕事で、ほぼ休み無しで数ヶ月過ごしたとき、身体だけでなく、心もズタズタな感じになりました。

土日の休み以外にも、会社勤めの方は有給休暇もありますよね?

ちゃんと取得できてますか?

そんな有給休暇のお話です。

実は、今日、有給休暇の取得の申請を行いました。

理由は、子供のフットサル大会の応援です。

その理由も記載して、上司に申請したところ、

すごく気持ちが動くことになりました。

その理由というと、

上司は即座に、承認してくれただけでなく、

こんなメッセージもつけてくれていました。

「素晴らしい!!絶対に承認です。」

ってね。

実は、正直、却下される可能性もあるなーと思っていました。

でも、子供のことも、考えて思い切って申請したんです。

すると、この結果だったので、

私の気持ちはすごく晴れやかになり、

かつ、

ますます、仕事を頑張ろうという気持ちになりました。

もし、却下されてとしたら、、、

暗い気持ちになって、その上司のことを憎く(にくく)思ってしまったかもしれません。

この、上司の反応のおかげで、私のモチベーション、更には会社への貢献意欲も倍増です。

もし、あなたが、上司の立場で、部下からの休暇申請があったとき、

よほどのことがない限り、却下しないでくださいね。

そして、できれば、その休暇申請を褒めてあげてください!!

あなたが想定している以上に、部下にはその休暇に重要な意味があり、大切な何かが潜んでいるはずですから。

例えば、あなたが子供や奥さんや恋人との楽しみにしていたお出かけの約束の日に、

会社から急に仕事を入れられて、がっくりした時の気持ちを想像しながら、

部下の休暇申請に対応してあげてくださいね。

その休暇申請の対応1つが、あなたのこれからの仕事に大きな影響を及ぼす可能性もありますからね。

-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人間関係を構築する部下との面談のやり方

あなたは、年に1回から2回くらい、部下との面談をされているのではないでしょうか? 目標設定、人事評価の通知、人事的な連絡、相談対応などなど、 たくさんの面談の機会があるかもしれません。 そんな面談の場 …

社長の想いを従業員にうまく伝えるためのポイント

あなたが企業の社長である場合、あなたの想いは従業員にうまく伝わっていますか? 正確に言えば、うまく伝わっていると本音ベースで思っていますか? 想いというのは、例えば、 従業員の労働時間を削減したいこと …

感情に左右されずに人間関係を維持するための心得

人って感情的な生き物ですよね。 嬉しいと感じたり、 悲しいと感じたり、 幸せと感じたり、 もしくは、ムカっと感じたり。 日々、たくさんの感情を持つことになります。 感情に支配されて生きているんですね。 …

嫌われやすい上司の特徴

こんな上司、いますよね。 部下が相談に行った時、パソコンでの作業中なので、 部下の方に振り向かず、作業しながら、話を聞こうとする人。 部下としては、相談しにくすぎますよね。 忙しいそうで、申し訳ない気 …

あなたの部下との面談のタイミングは大丈夫ですか?

あなたは、部下と定期的に面談していますか? 社内ルールとして、年に2回とか、面談を行う制度を採用されている会社もたくさんあります。 でも、それだけで十分でしょうか? あなたの部下はその時に話したいこと …