人間関係と集客の課題を一気に解決したいビジネスパーソンのためのブログ

公認会計士として、100社以上の企業を担当してきた経験と知識を活かして、マーケティングと組織の人間関係の課題を解決します。

コーチング

部下へのメールでやってはいけないこと

投稿日:2017年2月24日 更新日:

上司であるあなたは、部下の仕事の進捗状況の確認メールを送ることがあると思います。

そんな時、どんなメールを送信していますか?

まさか、こんなメールを送信していないですよね?

「××の件、どうなってるん?」

これは、疑問形の聞き方でないケースの方が多いです。

つまり、脅しのメールです。

伝わってくることは、「何ちんたらしとんねん。しっかり仕事せんかい!だからお前は使えへんねん」

そんな意味合いが込められているときがあります。

普通に進捗を確認したいだけなら、こんな書き方で十分ですから。

「××の件の進捗状況を教えといてくれる?」

同じような質問なのに、全然、伝わり方が違うことないですか?

勘違いしてほしくないのは、何も怒るべきではないと言っているんじゃないんですよね。

本当にさぼっているなら、叱るべきです。

でも、相手の状況や進め方、考え方を何も理解していないまま、単に進捗が進んでいないという事実だけで、

こんなメールを送信するのはやめた方がいいでしょう。

部下は、それなりに考えて行動していたり、計画していたりするケースも多いんですよね。

そんな状況で、こんなメールが届くと、

「何にも現場の状況知らずに、命令と文句ばっかりで、面倒な上司やなー」

って思われるかもしれません。


特に考えるべきなのは、そのメールの目的です。

「あなたは部下にどうして欲しいのか。どうなって欲しいのか」を考えてメールしましょう。

単純に進捗状況を教えて欲しいなら、勘違いされるようなメールになっていないか、気をつけましょう。

部下が明らかに手を抜いているのであれば、直接、話をした方がいいですね。

手を抜いてしまっている原因や理由も何かあるはずなんです。

そこを解決することが、重要だったりもしますからね。

部下に叱咤激励するなら、こんな感じでどうでしょうか。

「××の件、進捗が少しゆっくりな感じがします。これまで見てきた⚪︎⚪︎さんなら、もっとスピーディーにできるはず。何かあれば、いつでも声をかけてください。」

メール一つで人の心や行動を動かせてしまいます。

なので、そのこともしっかりと意識して、慎重に送信すべきメールもあるんです。

特に、相手の喜怒哀楽に影響するようなメールを送信するときは、そのメールの目的をしっかり考えて、

また、受け手がどんな気持ちになるのかも考えて、送信しましょう。

無意味に嫌われる上司にならないでくださいね。

-コーチング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

組織の人間関係を改善するための褒め方とは

組織の人間関係を悪くしている原因ってどんなことが、考えられるでしょうか? 例えば、あなたが上司である場合に、どんな風に部下と接していますか? 部下との接し方にもいろいろあると思いますが、その一つとして …

あなたの部下に居場所を与えていますか?

こんなこと感じたことないですか? 「なんだか、みんなが話している共通の話題に寄れないなー」とか、 「大事なプロジェクトの担当が、自分には回ってこないなー」とか、 もっと言えば、「部署内での担当を決める …

継続しないと、意味がない理由

コーチングセッションをやった時、クライアントは凄くモチベーションが上がり、 直ちに行動を起こそうとする気持ちになります。 ほんと、この効果はすごいんです。 コーチ側もますます応援したくなるんですよね。 …

部下が何を考えて仕事しているかわからないことの危険性

あなたは、 「部下が毎日、何を考えて仕事しているのかわからない」 ってこと、感じたことありますか? もし、そうであれば、危険信号が点滅しています。 なぜなら、 あなたは部下から、信頼されていない可能性 …

よくある部下との面談の間違いとは?

部下との面談で、あなたはどんな会話をしていますか? 例えば、「最近、調子はどう?」とか、 「何か悩みとかある?」とか、 「これからどんなことをしていこうと思ってる?」 なんで、質問をしていませんか? …