株式会社ビジネスコンストラクション Business Constraction

京都市で公認会計士による対人相談なら株式会社ビジネスコンストラクション

コーチング

部下を力技で投げ飛ばしてませんか?

投稿日:

部下とその上司であるあなたのポジションを考えると、

あなたは圧倒的に優位なポジションにいることでしょう。

その部下が、直属の部下であれば、おそらく、あなたがその部下に仕事の指示を行い、

また、その部下の仕事の評価を行うことでしょう。

つまり、部下はあなたに逆らいにくい立場にいるんですよね。

では、仕事の能力的なことや考え方的なことについて、部下とあなたの差を考えたとき、

あなたの方が優れている場合も多いと思いますが、

ある部分では、部下の方が優れているということもありえますよね。

例えば、お客さんとの付き合いがうまいとか、

プレゼン資料を作成するのが上手いとか、

プロジェクトマネジメント(プロジェクトの進め方)が得意とか。

こういう関係になるのって、当たり前なんですよね。

上司にも、得意、不得意の分野があって、それを部下やチームメンバーが補うことで、

仕事は成り立っていくものですから。

でも、こんな状況をよく見かけませんか?

それは、

上司が、その立場の優位性を利用して、頭ごなしに部下の考え方ややり方を否定し、自分の考えを主張している状況。

しかも、周りの人は、その上司よりも部下の考え方の方が優れると思っているけど、

その上司に楯突くと痛い目に遭いそうなので、何も言えない。

みたいな。


こんなケースが頻発すると、どうなるでしょうか?

上司は部下からの信頼性を失うことになります。

それに、もしかすると、その部下は会社を辞めてしまうかもしれません。

それって、上司の本意ではありませんよね。

おそらく、部下に仕事を頑張ってもらって、成長してもらいたいと思っているはずです。

なのに、結果は、逆の方向に進んでしまっているんです。

なので、これを気をつけてください。

「部下の考え方をしっかりと聴き、納得できれば、受け入れてあげること」

これが、多くの人ができていないんです。

それから、こんなマインドも持ってください。

「上司は完璧じゃなくていい。部下の方がある1面で優秀だったとしても、別の面で秀でていれば、恥ずかしいことなんてない」

何でもかんでもできる完璧な上司なんて、基本的になれません。

であれば、部下のことをしっかりと考えてあげられて、周りの人からの信頼も熱い上司を目指しませんか?

その方が、きっとあなた自身が幸せになれるでしょうし、社内でも成功していくと思いますよ。

-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

よくある部下との面談の間違いとは?

部下との面談で、あなたはどんな会話をしていますか? 例えば、「最近、調子はどう?」とか、 「何か悩みとかある?」とか、 「これからどんなことをしていこうと思ってる?」 なんで、質問をしていませんか? …

お礼を言わない理由を教えてください。

日本人って、部下にお礼をいうっていうのが、不得意ですよね。  その要因はというと、 給料もらっているんだから、仕事をして当たり前だろう!! ってことじゃないですか? 確かにそう。 理屈として …

部下へのうまい指摘の仕方

あなたは、部下に対して、上司としての立場から仕事の内容などを指摘することってありますよね。 その時、どんな感じで指摘してますか? いきなり、直球を投げるタイプですか? それとも、オブラートに包むタイ …

部下からの相談、聞けていますか?

部下が相談したいことがあるということで、上司であるあなたのデスクのところに来ました。 ただし、あなたは期日の迫られているレポートの作成があり、バタバタしている状況です。 とはいえ、上司として部下の相談 …

部下への指導のポイント

仕事柄、お客さんの作成された資料をチェックし、コメントすることが多いです。 そのコメントの仕方って、難しいんですよ。 例えば、記載している内容がいまいちだったとします。 そのコメントとして、 「ここに …