人間関係と集客の課題を一気に解決したいビジネスパーソンのためのブログ

公認会計士として、100社以上の企業を担当してきた経験と知識を活かして、マーケティングと組織の人間関係の課題を解決します。

コーチング

あなたの部下に居場所を与えていますか?

投稿日:

こんなこと感じたことないですか?

「なんだか、みんなが話している共通の話題に寄れないなー」とか、

「大事なプロジェクトの担当が、自分には回ってこないなー」とか、

もっと言えば、「部署内での担当を決めるのに、自分はどうでも良さそうな担当だなー」とかね。

こんなことを感じた時は、すっごく落ち込みますよね。

なんとなく、自分って、この会社に必要とされていないのかな、なんて思っちゃいませんか?

マズローの五段階欲求での、帰属の欲求が満たされていない状態なんですよね。

この落ち込んだ気持ちがひどくなると、鬱になってしまったり、会社員であれば退職したりするケースもあります。

その前に、上司であるあなたはやるべきことがありますよね。

部下に居場所を作ってあげることです。

簡単に言えば、部下を仲間外れにしないだけでなく、気にかけていることを伝えないといけません。

あなたは気持ちでそう思っていても、部下に伝わっていなければ、一緒ですからね。

コーチングでも、クライアントを認めるというのがあります。

クライアントの考え、想いを尊重するんですよね。

そうするとどうなるかというと、

クライアントは積極的に話をするようになり、

活き活きと活動できるようになるんですよね。

あなたが上司の立場であるならば、部下の居場所(役割分担など)をきっちりと作ってあげてください。

部下はそれが仕事であれば、任せられたと感じると、積極的になれると思いますよ。

-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

継続しないと、意味がない理由

コーチングセッションをやった時、クライアントは凄くモチベーションが上がり、 直ちに行動を起こそうとする気持ちになります。 ほんと、この効果はすごいんです。 コーチ側もますます応援したくなるんですよね。 …

組織の人間関係を改善するためにすべきたった1つのこと

今まで、たくさんの会社を見てきましたが、どこもそうです。こんな共通点があります。 それは、 「人間関係がうまくいっていない」です。 例えば、部下は上司のいないところで、「あの上司、ほんと最悪。自分のこ …

よくある部下との面談の間違いとは?

部下との面談で、あなたはどんな会話をしていますか? 例えば、「最近、調子はどう?」とか、 「何か悩みとかある?」とか、 「これからどんなことをしていこうと思ってる?」 なんで、質問をしていませんか? …

行動できるようになるためのヒント

社会人10年以上になってくると、なかなか、自主的に行動をとるのって腰が重いですよね。 例えば、英語の学習。 やるべきとはわかっているものの、 なかなか重い腰を動かすのが一苦労。 それに、何から手をつけ …

部下へのメールでやってはいけないこと

上司であるあなたは、部下の仕事の進捗状況の確認メールを送ることがあると思います。 そんな時、どんなメールを送信していますか? まさか、こんなメールを送信していないですよね? 「××の件、どうなってるん …