人間関係と集客の課題を一気に解決したいビジネスパーソンのためのブログ

公認会計士として、100社以上の企業を担当してきた経験と知識を活かして、マーケティングと組織の人間関係の課題を解決します。

マーケティング

facebookで集客するために知っておくべきこと

投稿日:

facebookはすっかり日常のものになりましたね。

ついつい暇があると、facebookで友達の投稿記事を見ている人も多いんじゃないでしょうか。

そのfacebookには、個人のページとfacebookページの2つがあることはご存知でしょうか?

個人のページは、まさに個人的な記事を投稿したりします。

おそらく、多くの人がやっているのは、この個人ページです。

今日の出来事であったり、食べ物の紹介や日記記事を投稿している人が多いですよね。

この個人ページは、個人の実名でアカウントを開設をすることになります。

一方でfacebookページはというと、個人のページとは全く別のものです。

なので、企業や個人事業主などが、主に商用利用目的でアカウントを開設するケースが多いです。

このfacebookページは、お金を払えば広告として、ターゲット層のfacebookの画面に表示できるので、集客目的にはもってこいなんです。

ちなみに、個人ページとfacebookページは全く別ものなので、

個人ページの友人が、あなたの開設したfacebookページの存在を基本的には知られることはありません。

なので、例えば副業でビジネスをするためにfacebookページを開設したとしても、個人ページの友達に知れることはないんです。

じゃあ、あなたが自分のビジネスで集客したいと思ったら、どちらのページを利用しますか?

もちろん、言うまでもなく、こっちですよね。

facebookページ

特に、個人ページだと、ビジネス目的の記事を嫌う人って多いんです。

趣味の記事などは、いいねを押してくれるけど、セミナー開催の告知なんかだと、あなたはどう受け止めますか?

さらに、facebookページで、集客という観点からどんないいことがあるかといえば、

いいねを押してもらった人のfacebookの画面に、あなたが記事を投稿する都度、表示されることになるんです。

しかも、その人がシェアボタンを押してくれた場合、その人の友人のfacebook画面にもそのシェアしたことの通知が行われるので、

あなたの記事が拡散されやすいというメリットもあります。

ここまで、facebookページの仕組みのお話をしましたが、大事なことは結局、これなんです。

「売り込みをしない」


facebookページで商用利用はできますが、売り込んではダメです。

売り込むのではなくて、お客さんから、買いたいと言ってもらえるくらいに、その商品の魅力を伝えることが最も大切です。

なぜなら、人は売り込まれることが嫌いで、自分が欲しいと思ったものを買いたいからです。

なので、facebookページでの集客もいいですが、そこで売り込み感を出さないように気をつけましょう。

-マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

見込客と出会うためにすべきこと

集客は本当に難しいですよね。 特に、将来、自社の商品やサービスを購入してくれそうな見込客とどこで出会えるのか、 その答えは相当難しいです。 なので、考えるより行動するしかないんですよね。 仮説検証とい …

まずは集客で失敗しましょう!!

このタイトル、いかがなものでしょうか? 「失敗しましょう!!」だなんて。 失敗したくないから、こうしてブログ読んでるのに。 なんて、思われるかもしれませんが、あえてこんなタイトルで記事を書かせていただ …

不快な気持ちがいい訳とは。

快な気持ちか、不快な気持ち、 どっちか選べるとしたら、どっちを選びますか? おそらく多くの人が、快な気持ちでしょうね。 私も基本的にそうです。 でも、ビジネスにおいては、快な気持ちがいいとは一概に言え …

動画マーケティングのメリット

情報を収集しようとするとき、レポートや書籍を読むのと、動画やテレビを観るのと、どっちが好みですか? 私は個人的に、動画ですね。 なんせ、楽です。 でも、せっかくなので、ここで少しだけ突っ込んで考えてみ …

ピコ太郎、ここまで来ると思っていましたか?

自社商品のテストしてますか? 何か商品を開発できたとします。 で、市場に出して、 売れたらいいなー、じゃダメですよね。 なんだか運任せみたいな。 そんなんじゃダメですよね。 いつでも修正するつもりで、 …