株式会社ビジネスコンストラクション Business Constraction

京都市で公認会計士による対人相談なら株式会社ビジネスコンストラクション

コーチング

よくある部下との面談の間違いとは?

投稿日:

部下との面談で、あなたはどんな会話をしていますか?

例えば、「最近、調子はどう?」とか、

「何か悩みとかある?」とか、

「これからどんなことをしていこうと思ってる?」

なんで、質問をしていませんか?

この質問をして、あなたの部下は、素直な気持ちで、思っていることを話すことができそうですか?

私には、そうは思えないですね。

質問の目的が明確になっていないまま、質問するのはよくないんです。

質問の目的と順番を意識する必要があります。

その方法とは、

まずは、部下の目標を明確にして話を始めること。

例えば、「あなたの今年の目標は××でしたね」とか、

「あなたの設定した××という目標に変わりはないですか?」と質問することで、

まずは部下の目標の再確認し、共有します。

それから、その達成具合を確認します。

例えば、「目標達成できた状況が100点だったら、何点まで達成できたと思いますか?」とか

「現時点、あなたはこの目標に対して、どんな状態ですか?」なんて質問をします。

そして、次の展開は、

「×点なんですね。その×点で達成できたことはなんですか?」です。

ポイントは、できたことにフォーカスします。

そうすることで、「ここまでできたんだから、今回できなかった部分も、何としてもやってやるぞ!」って気持ちになりやすいんですよね。

よくあるのが、「何ができなかったですか?」といった感じで、できなかったことにフォーカスしてしまうこと。

そうすると、部下はできていないというネガテイブなことを考えるようになってしまい、

その結果、その後の会話も、暗い感じになりがちです。

もちろん、仕事へのモチベーションも上がりにくくなります。

つまり、ここまでしっかりと考えて、面談すべきなんです。

コーチングでは、これらのスキルを学びます。

部下との面談は、部下のやる気を引き出す絶好の機会でもあるので、

是非、ポジティブなところにフォーカスして面談してくださいね。

-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コーチングしながら意識すべきこと

あなたは、コーチングとティーチングの違いはご存知ですか? ティーチングは、いわゆる「教える」ことで解決していくのに対し、 コーチングは、「相手の思っていることを引き出していく」ことで解決していきます。 …

誰でもできる、部下への動機づけ

上司の立場であるあなたは、気がついていますか? 部下もあなたと同じように、場合によってはあなた以上に、会社でやりたいと思っていることがあることを。 ここでのやりたいと思っていることとは、 例えば、 「 …

部下へのメールでやってはいけないこと

上司であるあなたは、部下の仕事の進捗状況の確認メールを送ることがあると思います。 そんな時、どんなメールを送信していますか? まさか、こんなメールを送信していないですよね? 「××の件、どうなってるん …

部下が何を考えて仕事しているかわからないことの危険性

あなたは、 「部下が毎日、何を考えて仕事しているのかわからない」 ってこと、感じたことありますか? もし、そうであれば、危険信号が点滅しています。 なぜなら、 あなたは部下から、信頼されていない可能性 …

部下との信頼関係を構築する3つのポイント

コーチングは、コーチとクライアントとの信頼関係の上に成り立っているというベースがあります。 この信頼関係がないと、正直、コーチングはうまくいきません。 いくら、コーチングのスキルを知っているとか、身に …