株式会社ビジネスコンストラクション Business Constraction

京都市で公認会計士による対人相談なら株式会社ビジネスコンストラクション

コーチング

上司が絶対に使ってはいけない口癖とは

投稿日:2017年2月7日 更新日:

上司であるあなたは部下に対して、こんなことよく言っていませんか?

「××さんは、いつも同じ間違いばかりして、全然改善しないなー!!」とか、

「××さんは、いつも同じことばかり言われて、ほんと、大丈夫?」とかね。

上司であるあなたは、同じことを繰り返す部下に対して、いらいらしてしまい、

ついついこんなこと言ってしまう気持ちはよくわかります。

でも、この何気ない発言は気をつけた方がいいんです。

なぜなら、部下はおそらくこんな気持ちになっているからです。

それは、

「いつもじゃない!!たまたま今回あっただけ。全部できてないような言い方しないでほしい」

って。おそらく、心の中で思っていることでしょう。

部下からすると、いつもじゃないんですよね。

過去に一度、誤ちがあって、その後はできていたのに、たまたま今回はできていなかったとしたら、

「いつも」じゃなくて、正確には、

「ごくたまに」ですよね。

じゃあ、上の例で言えば、なんて伝えればいいでしょうか?

私なら、こう伝えます。

「××さん、いつもはできてるのに、今回はたまたまできてなかったよ。ちょっと気をつけといてな。」

いかがでしょうか。

こう言われた部下の気持ちはこんな感じでしょうか。

「確かに、今回はちょっと意識ができてなかったかも。また注意されないように気をつけよう」

上司であるあなたは、部下にどうなってほしいかと言えば、

今後同じことがないように気をつけてほしいんですよね。

その目的を達成するためには、前者の言い方と後者の言い方と、どちらが効果的ですか?

わかりますよね。

上司がイライラする気持ちをついついぶつけてしまう気持ちもわかります。

でも、それを感覚だけで部下にぶつけてしまってはダメです。


まー、毎回毎回の同じことを繰り返しているのであれば、その時は厳しく注意してもいいでしょう。

でも、どんな時でも、「いつも」って言葉で片付けないで、

「ときどき」なのか、

「ごくたまに」なのか、

「ほとんどないけど、今回だけ」なのか、

そこは、できるだけ正確に発言するようにしましょう。

こんな伝え方ができてくると、部下はあなたのことをしっかりと見ていてくれる、信頼できる上司と感じることができ、

部下とのいい関係の構築にもつながりますよ。

-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

部下が何を考えて仕事しているかわからないことの危険性

あなたは、 「部下が毎日、何を考えて仕事しているのかわからない」 ってこと、感じたことありますか? もし、そうであれば、危険信号が点滅しています。 なぜなら、 あなたは部下から、信頼されていない可能性 …

子供との正しい付き合い方

今回は子供と親との関係のお話。 外出していると、よくこんな親子の様子を見かけます。 「さっさと車に乗りない!!」とか、 「こぼさず食べなさい!」とかね。 子供はむすっとした顔をしていたり、すねた顔をし …

深い会話のまえにすべきこととは

人は信頼できる人にだけ、本音で自分の想いを話すことができます。 逆に言えば、信頼関係のない人とは、表面的なことや、事実関係などしか話すことができません。 コーチングは、信頼関係が前提に成り立っています …

お礼を言わない理由を教えてください。

日本人って、部下にお礼をいうっていうのが、不得意ですよね。  その要因はというと、 給料もらっているんだから、仕事をして当たり前だろう!! ってことじゃないですか? 確かにそう。 理屈として …

部下への指導を上手くやる3つのポイント

社内でこんな光景をよく見かけます。 上司が部下を一方的に叱りつけて、部下が何かその理由を説明しようとすると、 「言い訳はもういい」と切り捨てたりしています。 で、部下は不貞腐れてしまい、その後、同僚に …