株式会社ビジネスコンストラクション Business Constraction

京都市で公認会計士による対人相談なら株式会社ビジネスコンストラクション

コーチング

意見の対立を回避するコーチングスキルとは

投稿日:2017年2月3日 更新日:

コーチングのスキルを身につけると、こんなことができるようになりました。

ズバリ、意見の対立があっても、素直に相手意見を受け止めようとする姿勢をもてるようになり、

相手の考えを受け入れることができるようになります。

例えば、

仕事の進め方って、人それぞれ違ったりすると思います。

自分はAという方法で進めるのがいいと思っていたところ、

一緒に仕事する同僚はBという方法で進めるのがいいと考えていたとします。

どちらが正解かなんて、正確な答えはない中で、どちらかの方法を選ばなければならない状態です。

ただし、お互いに自分の主張に自信をもっている訳ですから、

普通に話し合ったとしても、対立が生じることも多々あると思います。

なにせ、算数のように、明確に答えがあるものじゃないですから。

話し合いによって、どちらかの方法をお互いに納得して、選べればいいのですが、

なかなか意見がまとまらず、そのうち、何らかの軋轢が生まれてしまうことも多々あるかと思います。

でも、コーチングスキルを身につけていると、

こんな風にできます。

それは、

相手の主張をしっかりと聴こうと思うんですね。

そのうえで、どちらがいいかを冷静に考えることができて、その時にベストな判断ができる訳です。


もし、仮に相手の主張がどうしても納得できなかった場合には、

コーチングのような質問をする訳です。

例えば、「そもそも、この方法をとることで、どんな状態になるのが、目的でしたか?」なんて。

そして、相手に気づきを与えることができ、相手に主張を考え直してもらうきっかけを作れるんですよね。

コーチングを習い始めてから、正直、意見の対立が相当減りました。

ちょっと、参考にしてみてくださいね。

-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あなたの質問の仕方、間違ってないですか?

こんなやりとりをよく見にします。 上司:「こないだ頼んで仕事、どうなってる?」 部下:「すいません、まだできてないです。」 上司:「えっ、何でまだやってないん?いつやるん?間に合うん?」 部下:「間に …

部下の提案って重要なんですよ!

人の上に立つ立場にあるあなたは、しっかりと部下の提案や意見を聴けていますか? おそらく、経験からいくと、あなたの提案や意見の方が適切なことが、多いことでしょう。 でも、部下の意見を聴くことは、いろんな …

深い会話のまえにすべきこととは

人は信頼できる人にだけ、本音で自分の想いを話すことができます。 逆に言えば、信頼関係のない人とは、表面的なことや、事実関係などしか話すことができません。 コーチングは、信頼関係が前提に成り立っています …

人間関係を構築したいなら、絶対にやってはいけないこと

組織で働く以上は、周りとの人間関係はうまくやりたいですよね。 あなたに部下がいれば、部下とも仲良く仕事ができるのがベストです。 部下があなたのことを信頼してくれていて、いろんなことをきっちりと報告もし …

上司が絶対に使ってはいけない口癖とは

上司であるあなたは部下に対して、こんなことよく言っていませんか? 「××さんは、いつも同じ間違いばかりして、全然改善しないなー!!」とか、 「××さんは、いつも同じことばかり言われて、ほんと、大丈夫? …