人間関係と集客の課題を一気に解決したいビジネスパーソンのためのブログ

公認会計士として、100社以上の企業を担当してきた経験と知識を活かして、マーケティングと組織の人間関係の課題を解決します。

コーチング

組織の人間関係を改善するための褒め方とは

投稿日:

組織の人間関係を悪くしている原因ってどんなことが、考えられるでしょうか?

例えば、あなたが上司である場合に、どんな風に部下と接していますか?

部下との接し方にもいろいろあると思いますが、その一つとして、部下を褒めるというのがありますよね。

ただ、日本人は基本的に人を褒めることが苦手なんです。

照れ臭いと感じたり、安易に甘やかすのは良くないという考えも邪魔したりしてね。

特に職場の社員を日常の中で褒めることに関しては、そんな傾向がありますよね。

そんな部下の褒め方にも、ポイントがあるんです。

組織の人間関係を改善するための褒め方とは


まず考えて見てください。

あなたが部下を褒める時って、どんな時でしょうか?

  • 部下がお客さんから契約を獲得してきたとき
  • 部下が作成した資料のできがすごくよかったとき
  • 部下の成長が明確に感じられたとき

などなど、いろんなタイミングがあるかと思います。

で、あなたは、どんな風に褒めてますか?

「よく頑張ったな」とか、

「すごく成長したね」とか、

「契約獲得おめでとう」なんて、褒め方がありますが、

やっぱり、大事なのって、これかなと思います。

いい調子でやってくれてるね

もちろん、言葉の文言はこれじゃなくてもいいですよ。

この意味、わかりますか?

これって、褒めてるというよりも、声をかけてる方に近いかもしれません。

人って、褒めてくれることも嬉しいけど、

でも、それだけだと、スポット的なタイミングでしかそうした機会がなくて、

目に見えて成長したことがわかる時や成果があった時でなければ、その機会が訪れませんよね。

でも、例えばこの「いい調子でやってくれてるね」だと、

部下が頑張っていて、順調に仕事が進んでいる状況である限りは、いつでも言える機会があるし、まだ具体的な成果に結びついていなかったとしても言えますよね。

つまり、部下は、気にかけてもらいたいです


ちょっと、想像してみてください。

あなたが、あなたの会社の社長さんから、「最近すごく頑張ってくれているみたいだね。期待してるよ」なんて言われたら、どうですか?

すっごくモチベーションが上がって、頑張ろうって思えますよね。

そうなんです。それをあなたが部下にやってあげるだけなんですよ。

簡単ですよね。

-コーチング
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

部下からの相談、聞けていますか?

部下が相談したいことがあるということで、上司であるあなたのデスクのところに来ました。 ただし、あなたは期日の迫られているレポートの作成があり、バタバタしている状況です。 とはいえ、上司として部下の相談 …

「幸せ」と「コーチング」の関係

今日は慶応義塾大学の前野隆司先生の講演を受けました。 前野先生といえば、「幸福」について研究さて、たくさんの書籍を出版されていらっしゃる方です。 話の中にこんな内容がありました。 「長続きしない幸せと …

深い会話のまえにすべきこととは

人は信頼できる人にだけ、本音で自分の想いを話すことができます。 逆に言えば、信頼関係のない人とは、表面的なことや、事実関係などしか話すことができません。 コーチングは、信頼関係が前提に成り立っています …

部下への指導方法に迷った時は、これ!!

やろうか、やるまいか、迷うことってありますよね。 やった方がいいんだけど、いまいち自信がないとか、 やると大変なことが待ち受けているんじゃないかとか、不安になったりして、 すごく迷いますよね。 そんな …

誰でもできる、部下への動機づけ

上司の立場であるあなたは、気がついていますか? 部下もあなたと同じように、場合によってはあなた以上に、会社でやりたいと思っていることがあることを。 ここでのやりたいと思っていることとは、 例えば、 「 …