人間関係と集客の課題を一気に解決したいビジネスパーソンのためのブログ

公認会計士として、100社以上の企業を担当してきた経験と知識を活かして、マーケティングと組織の人間関係の課題を解決します。

コーチング

部下に反省させる簡単な方法

投稿日:

あなたの部下が仕事で失敗したとき、上司であるあなたはどんな振る舞いをしますか?

ストレートに怒ったり、

注意程度に留めたり、

ひどい場合には、仕事を与えないなんてことありますよね。

いずれも、その状況によっては適切な対応になると思います。

でも、よっぽどの失敗じゃない限り、私はこんな対応をします。

この方法、すごく効果があるんですよね。

それは、

「上司である自分の非を見つけて、自分の責任とすること」

です。

おそらく、多くの場合、間接的にも上司であるあなたにも非があると思います。

例えば、部下にきちんとやり方を教えていなかったり、

部下の仕事の状況をチェックしていなかったり、

部下をフォローすることなく、任せっきりにしていたり。

なんとでも、上司であるあなたの責任にすることができます。

そして、部下の前で、上司である自分の責任であることを話すんです。

ここで部下の立場に立って考えてみてください。

おそらく、「厳しく怒られるんだろうなー」って気持ちでいたところに、

怒られるどころか、上司が責任を感じている反応をされてしまうと、どう思いますか?

「怒られなくて、ラッキー」ではなくて、

「自分が一番悪いのに、上司に責任を感じさせてしまって、本当に自分は情けない」って、反省してしまいませんか?


そうなんです。人は誰かに迷惑をかけてしまうことを極度に嫌がるんです。

今回のケースでは、上司迷惑をかけてしまったって気持ちが心に刺さるんですよね。

逆に、部下をストレートに怒ってしまうと、

部下はこんなことを思うでしょう。

「確かに悪いのは自分(部下)だけど、あんた(上司)も責任があるんじゃないの?」


理不尽ですが、これも現実です。人のせいにすることが、多くの人は得意なんですよね。

なので、部下に反省してほしいと思っているのであれば、

まずはあなたが責任を認め、反省することをしましょう。

目的が、部下に反省してもらい、失敗を繰り返してもらわないことであれば、

この方法が効果的です。

-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

部下との人間関係で失敗してしまうきっかけとは

先日、こんな失敗をしてしまいました。 私が部下に依頼した仕事があったのですが、その出来栄えを褒めることは全くせず、指摘だけしちゃいました。 その結果、どうなったかというと。 「自信がなくなりました。力 …

人間関係を構築する部下との面談のやり方

あなたは、年に1回から2回くらい、部下との面談をされているのではないでしょうか? 目標設定、人事評価の通知、人事的な連絡、相談対応などなど、 たくさんの面談の機会があるかもしれません。 そんな面談の場 …

あなたの部下に居場所を与えていますか?

こんなこと感じたことないですか? 「なんだか、みんなが話している共通の話題に寄れないなー」とか、 「大事なプロジェクトの担当が、自分には回ってこないなー」とか、 もっと言えば、「部署内での担当を決める …

部下への指導を上手くやる3つのポイント

社内でこんな光景をよく見かけます。 上司が部下を一方的に叱りつけて、部下が何かその理由を説明しようとすると、 「言い訳はもういい」と切り捨てたりしています。 で、部下は不貞腐れてしまい、その後、同僚に …

部下の有給休暇の申請の取り扱いのポイント

ビジネスパーソンにとって、休日というのは、どうしても待ち遠しいものですよね。 普段、一生懸命、働いているので、息抜きは必要なものです。 仕事の効率化を考えると、メリハリをつけることは大切。 以前にプロ …