株式会社ビジネスコンストラクション Business Constraction

京都市で公認会計士による対人相談なら株式会社ビジネスコンストラクション

コーチング

組織の人間関係の悩みを発生させないようにするコツ

投稿日:

組織内での人間関係の悩みを抱えている会社って、本当に多いですよね。

逆に悩みのない会社を見てみたいくらいです。

で、この悩みは何とか解消したいと思いますが、、、

そもそも、悩みは作らないようにすれば、解消するってのも不必要になりますね。

明らかに、問題を解決するために尽力するよりも、問題を発生させないようにすることの方が楽ですから。

じゃあ、この組織の人間関係の悩みを発生させないようにするためには、どうすればよいでしょうか?

あなたが上司の立場であれば、どうですか?

組織の人間関係の悩みを発生させないようするためには


まず、これを考えてみてください。

これまで、何が原因で人間関係がこじれたのか

例えば、

コミュニケーションが上手くいっておらず、ついつい厳しいことを部下に言ってしまった。

意見が合わず、お互いに引くことなく対立(ケンカに近い状態)してしまった。

ついつい、部下の陰口を叩いてしまったのが、部下の耳まで届いてしまった。

思い当たる節はありますか?

他にもあると思いますが、こんな感じのことが原因として考えられますね。

じゃあ、次です。

この原因となることは、そもそも回避できたかどうか、考えてみてください。

例えば、1つ目の部下への厳しい発言に関しては、その時の感情に流されないように意識すれば、厳しい言葉を言わずに済んだのかもしれません。

2つ目の意見対立に関しては、部下の意見にも一目置くような態度をとれば、お互いに自分の意見にも固執することなく、適切な案をお互いに合意のもとで採用できたかもしれません。

3つ目の陰口ですが、「もしかすると、誰かに告げ口されるかもしれない」と思ったら、陰口なんて叩きたくなくなるかもしれません。

つまり、原因となることなんて、何とでも回避できるんですよね。

そして、これらに共通していえることがあります。

それは、

常に、相手の立場を意識すること」です。

相手の立場(ここでは部下の立場)に立って考えると、

不必要に厳しいことを言われたくないし、

自分の意見もある程度尊重してもらいたいし、

陰口だって当然言われたくない、

ですよね。あなたもそうであるように。

これが意識できていないから、ついついその場の感情に流されて発言してしまったり、後先のことを考えずに行動してしまって、

その結果、意図せず人間関係がこじれてしまっているケースが殆どです。


なので、

常に相手の立場に立って考える」を意識してください。

実はこれ、言うのは簡単ですが、なかなかやはのは難しいです。

コーチングをしている私ですら、ついつい感情に流されて発言してしまうことがあります。

なので、徹底的に意識してくださいね。

きっと、社内でのいい人間関係が構築できるはずですから。

-コーチング
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あなたの会社の離職率を改善するためのヒント

あなたの会社では、離職率は問題になっていませんか? 今の時代、新入社員の3割が入社から三年以内に退職するみたいですね。 この割合の多さに、衝撃を受けてしまいます。 とはいえ、新入社員に限らず、転職する …

あなたの部下との面談のタイミングは大丈夫ですか?

あなたは、部下と定期的に面談していますか? 社内ルールとして、年に2回とか、面談を行う制度を採用されている会社もたくさんあります。 でも、それだけで十分でしょうか? あなたの部下はその時に話したいこと …

誰でもできる、部下への動機づけ

上司の立場であるあなたは、気がついていますか? 部下もあなたと同じように、場合によってはあなた以上に、会社でやりたいと思っていることがあることを。 ここでのやりたいと思っていることとは、 例えば、 「 …

お礼を言わない理由を教えてください。

日本人って、部下にお礼をいうっていうのが、不得意ですよね。  その要因はというと、 給料もらっているんだから、仕事をして当たり前だろう!! ってことじゃないですか? 確かにそう。 理屈として …

組織の人間関係を改善するための褒め方とは

組織の人間関係を悪くしている原因ってどんなことが、考えられるでしょうか? 例えば、あなたが上司である場合に、どんな風に部下と接していますか? 部下との接し方にもいろいろあると思いますが、その一つとして …